H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

タグ:2007年7月 ( 4 ) タグの人気記事

アマルフィコーストの海を思いっきり楽しむ!

日本はまだ梅雨が続いていますか?
こちらアマルフィコーストはいよいよ夏本番、真っ黒に日焼けした人がほとんどで、各町の広場は夜遅くまで賑わい、里帰りしているイタリア人家族も多く居るので、夜になると「今日は誰がいるかな?」と思いながら広場へ主人と出かけるのが最近の習慣になっています。

今回は「アマルフィコーストの夏場の楽しみ方『アマルフィの海!』」についてお話したいと思います。

●思い切ってプライベートボートを借りてアマルフィの海を楽しむ!
b0091227_1263511.jpg

アマルフィコーストにも6月中旬くらいから10月上旬くらいまでの夏の期間は、海上に多くのボートを目にします。そのほとんどがプライベートボート。
船舶免許を持っていなくても、操縦士兼救命士が同伴するプライベートボートが多数存在しているのです。そう、誰でも安心して利用ができるのです。
操縦士兼救命士はアマルフィコーストのオススメ海水浴スポットやパノラマスポットを熟知しているので、数時間こうしたプライベートボートを借りると、アマルフィの海を何倍も楽しむことができるのです。

夏場の地中海は基本的に穏やかなことが多く、沖に出て思い切ってボートから海に飛びこんで、海の上で横になりながら真っ青に広がる空を眺めたり、アマルフィコーストならではの断崖絶壁に広がる世界遺産の景色を海側から眺める事もできます。なんだかとっても贅沢な遊びだと思いませんか?
b0091227_1275696.jpg

例えば、アマルフィから出発してエメラルドの洞窟へ寄り、ポジターノへ行く途中でちょっぴり海水浴を楽しんでからポジターノへ。というコースも可能です。このエメラルドの洞窟へは水着のままでも入ることができます。
1日プライベートボートを貸しきれば、カプリ島の往復も可能です。
もちろん青の洞窟へもプライベートボートで行くことができますよ(ただし、青の洞窟内へ入るには小船に乗り換える必要があります。)。
それからナイトクルージングも可能。海上から眺めるアマルフィの夜景はとってもロマンチックです。海の好きなハネムーナーにオススメです。
b0091227_1283624.jpg


プライベートボートの料金は会社によって異なりますが、だいたい約3時間で350ユーロから500ユーロくらい、約6時間で500ユーロから800ユーロくらい(どちらも小型プライベートボートの場合 で定員約6名)。

アマルフィでプライベートボートを借りる場合は中心部フラヴィオ・ジョイア広場から海を左手にしてポジターノ方面へ海沿いを約5分歩いたところにある大きな船着場で。この船着場にプライベートボートのボックスオフィスがあるので問い合わせてみましょう!

ポジターノでは海を正面にして右手に船着場があり、そこにボックスオフィスがあります。

●海の家装備の上質レストランでアマルフィのビーチを満喫!

やはり、夏にはぜひ南イタリアの海を楽しんでいただきたい。特に、アマルフィには海の家を装備した上質レストランがあります。5月下旬にアップした「アマルフィコースト・グルメ編」でもオススメレストランと記述したアマルフィの「リド・アッズーロ」。ここと同じオーナーの経営している隣接したバールにはシャワーがあり、デッキチェアやビーチパラソルの貸し出しもしています。しかも、お腹が空いたら軽めの上着を羽織ってリド・アッズーロでランチをし、満腹になったら再びデッキチェアに戻ってちょっぴりお昼寝。なんていう素敵な1日の過ごし方もオススメです。


リド・アッズーロともう一つ、私のオススメはアマルフィ中心地のメインビーチにあるレストラン「マリーナ・グランデ Marina Grande」です。上記のリド・アッズーロは中心部から若干離れているのでアマルフィの海岸の中でも比較的落ち着いた雰囲気ですが、こちらは中心部なだけあって活気に溢れています。にぎやかなビーチが好きな方はぜひぜひこちらへどうぞ!
なお、ここはピッツァも焼いています。ピッツァならビーチで注文すれば自分達のデッキチェアまで運んできてくれます。アマルフィのビーチで爽やかな風と燦々と輝く太陽を浴びて食べるピッツァとイタリアンビール・・・最高です!

リド アッズーロ Lido Azzurro
住所:Lungomare dei Cavalieri 5 Amalfi (SA)
Tel: +39 089 871384
行き方:アマルフィSITAバス停留所から海を正面にして右手にのびる海沿いの道をまっすぐポートに向かって徒歩約3分歩くと左手にあります。
*月曜日定休

マリーナ グランデ Marina Grande
住所:V.le delle Regioni, 84011 Amalfi (SA)
Tel:+39 089 871129
Website: www.ristorantemarinagrande.com
行き方:大きなバス停のあるフラヴィオ ジョイア広場から海を正面にして左手にある海岸沿い、郵便局正面に位置。

●天気の良い日の移動はボートで!

リゾートとしても人気の高いアマルフィコーストの夏場の問題は何と言っても「交通渋滞」。一車線しかない上に、かの有名なカーブの続く狭いクネクネ道。さらに、夏場はお客様が世界各国・イタリア各地からやってくるので交通量が半端ではありません。
例えばアマルフィからポジターノへは通常車で40~50分かかるところが、夏場は1時間15分は見たほうが良い上、渋滞に巻き込まれると1時間半近くかかってしまうことも!しかも、体力を消耗する暑さの中、人で溢れ返る公共バスに乗っている最中に渋滞に巻き込まれると、慣れてきているはずの私でもちょっぴり気持ちが悪くなってしまいます。

そんな夏場の移動はとにかくボートが一番です。アマルフィからポジターノへは1時間に1本ほど定期ボートが発着しています。2階席はオープンテラスになっているので、眺めも良いし風を感じるのでそこまで暑さが体に堪えることもありません。
ただし、日差しがとても強いので日焼け止めを塗るのは忘れずに。

アマルフィ⇔ポジターノ ボートチケットについて
アマルフィボートチケット取り扱い所
フラヴィオ・ジョイア広場から海を正面にすると左右に小さな船着場が2本海に垂直に延びています。右側の船着場に各ボート会社のボックスオフィスがあります。

ポジターノボートチケット取扱所
ポジターノ海岸から海を正面にすると右側に船着場があります。(Covo dei Saraceniのすぐ下です。)各ボート会社のボックスオフィスが並んでいます。

●アマルフィコーストの交通事情は随時ツーリストオフィスで確認を!

洗練された雰囲気のアマルフィコーストですが、やはりここは南イタリア!!交通機関の時刻表は頻繁に変わるし、遅延なんてしょっちゅうです・・・。こちらにやってきた当初は私もかなりフラストレーションが溜まっていましたが、一人で抵抗していても南イタリア人のメンタリティを変えるなんてとても無理。正直に申し上げて、アマルフィコーストを走るバス会社SITAの時刻表もあてになるようなあてにならないような感じです。

日本からバスの時刻表を各種サイトで調べたりすることも出来るかもしれませんが、やはり新しい情報はツーリストオフィスで確認するのが一番です。宿泊されるホテルのフロントに聞かれても良いですね。ただ、「予定通りに行くことが少ない」のが南イタリアです。万が一の時に備え、タクシー代程度の現金は持参されるのが良いかと思います。

この夏アマルフィ近郊にいらっしゃる方は「アマルフィコーストの夏」をぜひ楽しんでくださいね!
そして、これから旅を計画中の方も時間が許すのなら夏場にこの世界有数のリゾート地にいらっしゃってはいかがですか?

アマルフィ観光局 Azienda Autonoma di Soggiorno e Turismo
住所:Via delle Reppubbliche Marinare
Tel:+39 089 871107
Website:www.amalfitouristoffice.it

ポジターノ観光局
住所:Via Saracino, 2 – 84017 Positano (SA)
Tel: +39 089 875 067
Website: www.aziendaturismopositano.it/
[PR]
by his-news | 2007-07-17 01:30 | YUMI.T

ヨーロッパのアンティーク市

アンティーク好きにはたまらないヨーロッパのアンティーク市。
物を大事にし、アンティークものをこよなく愛すヨーロッパの人々。
アンティーク市は大事にしていくものを見つける場所として重宝されています。

フランスやイギリスのアンティーク市には負けるかもしれないけど、
ここミラノでも月に2つのアンティーク市がたちます。

b0091227_2231091.jpg

1つはガイドブックにもよく載ってる「ナヴィリオ運河沿いのアンティーク市」。
ナヴィリオ運河沿いにずら~~~っと並んだ市は圧巻です。
アクセサリー、家具、雑貨、古書、絵、古着など目移りするものがいっぱいあります。
ここの市はテントごとに番号が決まっていて、同じお店が常に定位置にあるので、
番号を覚えておくと買うかどうか迷ってた品を
やっぱり欲しくなって戻ってみても
どこだか覚えてなくて悲しい思いをしなくて済むはずです(笑)。

b0091227_22336100.jpg

もうひとつは中心地に近いブレラ美術館の近くで行われるアンティーク市。
ナヴィリオのアンティーク市に比べると規模はかなり小さいですが、
ブレラ美術館に行った際にぶらりと立ち寄れるのがポイントです。
ブレラ地区はおしゃれなカフェが多いのでアンティーク市を散策しつつ、
周辺のおしゃれで静かな雰囲気も味わえます。

両市とも月に1度しか行われないのが残念なところ。
その時期に来られる運のいい方は、このチャンスを逃さないように
アンティーク市チェックしてみてください!

b0091227_2241421.jpg「ナヴィリオ運河沿いのアンティーク市」
毎月最終日曜日 朝~日没まで
交通手段:地下鉄2線(緑)
Porta Genova駅下車 徒歩3分

b0091227_2253221.jpg「ブレラ地区のアンティーク市」
毎月第3日曜日 終日
交通手段:地下鉄2線(緑)Lanza駅下車 徒歩5分
Via Fiori Chiari(フィオリ・キアーリ通り)

[PR]
by his-news | 2007-07-06 02:26 | YOKO.M

ピスタチオパスタ

エトナ山の裾野にはたくさんの村があります。その村の一つがブロンテという小さな村。
ブロンテの村は2年に一度収穫できるピスタチオが有名で、ここで収穫されるピスタチオは日本にも輸出されています。
b0091227_0115974.jpg

村近郊にはピスタチオの畑だけでなくアーモンド畑やオリーブ畑、サボテン畑、桃やイチジクといった果物の畑などいろんな畑があるので、景観もよくドライブも楽しい!

ブロンテのピスタチオは様々な形で商品化されています。
たとえばパスタ、ジェラートやキャンディ、ビスケット、ヌテッラ(チョコレートクリーム)、ケーキなど。たっぷりのピスタチオを使ったおいしい食べ物がいっぱいです。

今回はピスタチオパスタの作り方を紹介します。
素材が手に入ったら、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!
1ペンネのパスタ(もしくはショートパスタ)を人数分茹でる。
2パスタを茹でている間に、人数分のパンチェッタまたはベーコンをオリーブオイルで炒める。
3パンチェッタを炒めたらピスタチオの粉、もしくはピスタチオのペーストを大さじ1(一人前)として人数分をパンチェッタにからめる。
4パスタが茹で上がる寸前くらいに生クリームを大さじ3杯(一人前)くらいを人数分パンチェッタに混ぜ合わせ、茹であがったパスタをそのソースにからめて出来上がり!
b0091227_01224100.jpg


ピスタチオペーストが手に入らない場合、ピスタチオをフードプロセッサーで粉にしてもよいですね!
ピスタチオの代わりにクルミでも濃厚で美味しいですよ!
とても簡単なのでぜひ試してみてください!

b0091227_0124147.jpgピスタチオペースト、ヌテッラは400グラムで6ユーロくらい。
シチリアの食料専門店なら手軽に手に入り、良いお土産になることでしょう!

[PR]
by his-news | 2007-07-05 00:14 | NANAE.N

屋根のない美術館 ミラノのCimitero Monumental

夏のバカンスシーズンの本番。
ミラノの町は人気がなくがらーんとしてしまう、観光客の皆さんにとってはちょっと寂しい時期・・・。
でもお店やバール、レストランが休みになっても、もちろん美術館や教会などが休みになるわけではありません。
b0091227_23495818.jpg

今日は、在住の日本人の中でも訪れたことがないという人が大勢いる、隠れたミラノの名所、「Cimitero Monumentale(共同墓地)」(地下鉄2番緑線ガリバルディ駅下車/8:00-18:00、月曜休、入場無料)をご紹介したいと思います。

b0091227_2351972.jpg
「Museo al cielo aperto(空の下の美術館・屋根のない美術館)」と呼ばれていることからも分かるとおり、日本人が「墓地」と聞いて想像するものとは明らかに別物!
そこはまさに一流の彫刻家の作品がこれでもかと並ぶ、歴とした美術館です。

b0091227_23513714.jpg

カルロ・マチャキーニの設計により1866年にこの墓地が建設されて以来、ミラノの有力者たちは、こぞって名のある彫刻家に自分の墓を飾るための作品を依頼、また彫刻家たちも「死」というクラシックなテーマで、自分の芸術世界を自由に表現する最高の機会を得て、思う存分腕を振いました。

b0091227_23521586.jpg

ここには日本のお墓のようなおどろおどろしい感じは全く無く、逆に、「そこ墓地だよ」といわれなければ、木陰になったベンチでお弁当でも広げたくなるような、明るく美しい、最高に贅沢な公園とでもいうような雰囲気が漂っています。

b0091227_23523661.jpg
こちらの公式ホームページで埋葬者や彫刻家の名前、また代表的な作品を見ることができます。((伊・英・仏・独))。
埋葬者には文豪マンゾーニや作曲家ヴェルディ、彫刻家にはカスティリオーニ、ポモドーロ、フォンターナなど、有名な名前を例を挙げ始めるときりがありません。
入り口左手の守衛所で墓地の地図や見所が詳しく載ったパンフレットがもらえますので、見学前には忘れずにお立ち寄り下さいね。

必ず行ってよかったと満足できる場所です。ぜひ皆様、足を運んでみてくださいませ。
b0091227_23525644.jpg


[PR]
by his-news | 2007-07-04 23:55 | MARI.K


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧