H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

タグ:カターニア ( 8 ) タグの人気記事

エトナ火山は今も現役です!!

8月末から再び噴火活動が激しくなってきたエトナ火山!
b0091227_2341965.jpg
毎年・・・というか時々活動が激しくなり500メートル以上もの噴煙をあげます!
風向きによってシチリアのあちこちに火山灰が降り、傘をささなくては歩けないくらい降り積もることもあるのです。

すると「噴火でシチリア島は大丈夫か?!」といった話をよく聞きますが、噴火をした溶岩はたいがいエトナ火山内部にある谷間に流れつき、火山に最も近い村々まではなかなか押し寄せては来ないものです。
しかしやはり3ヶ月以上も噴火が続いたり溶岩の流れる場所によっては村々が騒ぐこともあります。

私の住むカターニアは火山から遠いので火山灰くらいは降り積もることはありますが、溶岩の被害は全く心配なし!
ところがカターニア空港はこの火山灰により閉鎖することもしばしばなのです。そのために旅行者の足止めとなってしまうことが稀にあるのです。
b0091227_2333856.jpg
2007年春から空港が新しくなり、大勢の観光客がこの夏利用しました。9月に入ってもまだまだ観光客が大勢押し寄せるカターニア空港。しかし、これが9月に入って噴火活動が激しくなったとたん急遽閉鎖となる事態に!!旅行者には予想もできない空港閉鎖です。火山灰が空港へ飛ぶと一日中閉鎖したり、そうでなくても午後3時くらいから夜間閉鎖することもあります。

旅行者には大変ですが、万が一こんな事態となっても到着地をパレルモやカラブリアの空港に変更することができ、パレルモからカターニア空港まで無料バスが出ることもあります。
また逆にカターニア空港で出発できずパレルモやカラブリアの空港まで無料バスが出たりもしますので、もし空港閉鎖になってしまっても落ち着いて現地空港で正確な情報を得るようにしましょう。

b0091227_234498.jpg
ところでエトナ山の噴火はとてもキレイなんです。
夜のタオルミーナからもはっきりと噴火を見ることができます。
地元の人々もその美しさを見にわざわざ山へ登ったりします。感動しますよ!!
噴火だ!と恐れず、自然の活動を楽しめる良い機会でもあるので、エトナ山の噴火もシチリアの楽しみの一つであると言えるでしょう。
[PR]
by his-news | 2007-09-06 23:05 | NANAE.N

メッシーナ海峡でアランチーニをどうぞ!

日本企業も協賛してメッシーナ海峡にかかると言われていた橋ですが、大騒ぎはしたものの、結局今のところは白紙に戻り、昔ながらの方法が継続されています。
つまり本土からフェリーで海峡を渡りシチリアへ到着します。
シチリアとカラブリア間を渡る電車は2車両ずつ分裂し船に積み込まれて海を渡ることで有名です。電車が船に乗り込むと30分程度で対岸に到着しますが、船に乗っている間は電車を下りて船の甲板に出て潮風にあたることができます!
b0091227_1895276.jpg

また船の中にあるバールにはシチリア名物アランチーノの販売もあります。
それを食べながら海峡を眺めるのはとても楽しいのでオススメ!
b0091227_18104171.jpg

アランチーノとはトマトソース味ライスコロッケ。
中身はミートソースや肉の塊、チーズやハムが入ったライスボールで、それに衣をつけて揚げたものです。
b0091227_1811512.jpg

ボリュームたっぷりで一個食べるとかなりお腹がいっぱいになりますよ!
値段は街のバールでは1,30ユーロ程度。船の上では2,00ユーロほどします。

b0091227_1812588.jpg
船は多少の雨風では問題なく運行されていますが、あまりひどい天候の場合は運行を休止します。また夏のバカンスシーズンである8月の週末などは、車で乗り込む場合に長時間待つこともあるようです。
両岸にはいろんなフェリー会社があり、30分に一本程度で運行されています。
b0091227_18114185.jpg

[PR]
by his-news | 2007-08-08 18:12 | NANAE.N

ラグーザの街

広い大地のシチリア。東シチリアには観光地としても有名なタオルミーナやシラクーサだけでなく、他にも多くの素晴らしい街があります。
ラグーサはシチリアの東南に位置し、タオルミーナからもカターニアからもちょっと遠いですが、足を伸ばして訪れたい、絶対お薦めの観光スポットです。

ラグーサには新市街とラグーサ・イブラと呼ばれる旧市街があり、電車やバスは新市街に到着します。
新市街は山の上にあり、急な坂のある町並みで商店も多く並びます。この街の中にあるサン・ジョヴァンニ聖堂(Cattedrale di San Giovanni)の大きさには驚きます。
新市街から旧市街までバスも出ていますが、私のお薦めするルートはこのサン・ジョヴァンニ聖堂前のコルソ・イタリア通り(Corso Italia)の坂道を車道沿いに下って行く徒歩ルート。
b0091227_239192.jpgやがてサンタ・マリア・デッラ・スカーラ教会(Chiesa di S.M.della Scala)にぶつかり、そこから先は更に階段で旧市街まで下りていけます。

b0091227_23133174.jpgこの階段から見えるラグーサ・イブラの景色は絶景です。ラグーサ・イブラの街にはサン・ジョルジョ聖堂(Cattedrale di San Giorgio)があり、この大聖堂前には美味しいシチリア料理を食べさせてくれるレストランもあります。

またラグーサ大学もあり、そこには日本語学科もあるので、日本語を話せる大学生達に時々会うこともあります。ぜひそんな大学生達とも交流を楽しんでください!

ラグーサでは美味しいラグサーノというチーズやリコッタチーズなどのチーズ類、サラミも有名。そんな素材ををつめたパニーノを持ってラグーサ・イブラにある植物公園に出かけて、そこでのんびりランチをいただくのも楽しいですよ!


b0091227_23143791.jpg★アクセス方法★
バス:
タオルミーナからはカターニアで乗り換え、カターニアから2時間。
シラクーサからは1時間弱。
電車:
タオルミーナから2時間40分。
カターニアから2時間。
シラクーサから1時間。

[PR]
by his-news | 2007-05-14 23:16 | NANAE.N

シチリアのお土産

年末年始をただひたすら食べて食べて食べまくるシチリアですが、その食べる量は日本人の3日分を一度にお昼ご飯で食べる感じです。
クリスマスイブとクリスマス当日の料理までは食べられるのですが、大晦日やお正月料理あたりになると、日本人としてはいい加減拷問かと感じるほどの食事量ですね。

ところで、シチリアをはじめイタリアの食後に欠かせないのは甘いもの!
年末年始は食後にパネトーネを食べますが、今年は変わったパネトーネを発見しました。
b0091227_20313948.jpgなんとエトナ火山型のパネトーネ!!

b0091227_2032333.jpg雪の部分はホワイトチョコレートで、溶岩部分はチェリー、パネトーネの中身のクリームはシチリアブラッドオレンジのジャムでマグマを演出。お値段は一箱7,00ユーロ。
さすが活動を活発化させるエトナ山のお膝元です!


b0091227_20334584.jpgさらにトロンチーニというアーモンド入りヌガーを食べたりもします。

b0091227_2036689.jpgこの写真のトロンチーニは5種類の味のミックス。チョコ、バニラ、コーヒー、オレンジ、レモン味。
トロンチーニはクリスマス時期に限らず1年中手に入るのでイタリア旅行のお土産にぴったりですよ!お値段は500グラムで6,00ユーロ。

食事でお腹がいっぱいにも関わらず、こういう甘いものは別腹なんですよね!
この時期に旅行されるならこういうものをお土産にしてみてくださいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-02 20:20 | NANAE.N

イタリアで熱いクリスマス

シチリアは北イタリアに比べ確かに暖かい。クリスマスの時期でも夜の外気が12度くらい。

しかし今シチリアは「熱い」。
b0091227_1971130.jpg何が熱いかというとエトナ火山がこの夏から少しずつ噴火を活発化して、11月末からは本格的に火山灰を吹き上げているからです。この火山灰のおかげでカターニア空港は夜になると空港閉鎖となり大勢の乗客が熱くなって怒っているのです。自然現象であるから仕方がないのですけど。カターニア空港は閉鎖ですが、代わりにパレルモやレッジョ・ディ・カラブリアの空港に着陸変更となり、そこからは各航空会社の手配するバスにてカターニア入りが出来るようになっているので心配は要りません。先日はこの灰がレッジョ・ディ・カラブリアまで飛んだということで、実はそこの空港まで閉鎖となったようですが。
空港や乗客だけでなく、一年中観光客の多いシチリアに与えたダメージは相当なものになるそうです。

ところでシチリアのクリスマスですが、町にはたくさんのイルミネーションが設置され、通常なら日曜日には営業しないお店も12月はかきいれ時なのでクリスマス前は日曜日でもショッピングが楽しめます!

b0091227_1975857.jpgクリスマスにお勧めするシチリアの街はカルタジローネ。古くから陶器で有名な街で、142段の長い階段はクリスマスの飾りで彩られ、町のあちこちにプレセーピオというキリスト誕生を再現した置物の展示が。もちろんこのプレセーピオは陶器で作られていたり、作者のオリジナリティーいっぱいの作品もあったりでいろいろと楽しめます。

他にもクリスマスの雰囲気を味わえる街は色々。シチリアの熱いクリスマスを是非味わってみてください!
[PR]
by his-news | 2006-12-15 18:59 | NANAE.N

シチリアの移動手段

b0091227_23551046.jpgまだまだ海で泳ぐ人々がいるシチリア。
例年では10月の終わり頃まで暑い日があったりして、11月に入るとさすがに肌寒くなり、泳ぐ人々も10月に比べめっきり減りますが、それでもしばらくは海で泳ぐ人々は絶えません。
観光客が一年中押し寄せるそんな暖かいシチリア島。ここでの移動手段は実は以外と不便です。
交通手段はローマから北イタリアにかけてはとても便利なようですが、ここシチリアではまだまだ観光客達を悩ませています。

シチリアで移動する際、お薦めするのはなんといってもバス移動。街外れにあって利用しにくい電車の駅に比べて街の中心部まで連れて行ってくれるバスはとても便利です。ただしカターニアやパレルモの路線バスは路線数が多いだけに、広々とした電車駅付近にバスターミナルがあります。
主な観光地や主要な街(タオルミーナ、シラクーサ、ラグーサ、アグリジェント、エンナ、メッシーナ、パレルモ、トラパニ)ならだいたい平日1時間おきにバスが出ていますが、小さな街への移動は運行時間が合わなかったりと時に難しいこともあります。
また日曜日となると本数が平日の半分もしくは半分以下になるので要注意。そんな時は電車もあわせて効率的に利用すると良いでしょう。
タクシー移動は料金が割高ですが、バスや電車にあるような待ち時間や遅れを心配することがありません。
ちなみにシチリア島内ではこうした都市移動のタクシー料金はだいたい40キロ走行で平均12000円くらい。夜間は割増料金となります。(高い値段をふっかける運転手もいますので、乗車前に料金の交渉はしたほうが無難です)

カターニア⇔タオルミーナ間のバス移動は約50分。カターニア⇔パレルモ間はバス移動で約2時間45分。カターニア⇔シラクーサ間のバス移動は約1時間。
地元の人も利用する路線バスに乗ったりするのもよい旅の思い出になりますね。
もちろん電車の旅も面白いですよ!特にシチリアでは電車が海岸沿いを走ったり、またメッシーナ海峡を渡る際には電車を車両ごとに分けて船に乗り込ませるので、他ではなかなかできない体験ができて何とも面白いです!

モディカの教会&街並み
b0091227_2356245.jpg b0091227_23565894.jpg

[PR]
by his-news | 2006-10-30 23:58 | NANAE.N

秋の収穫祭 シチリア編

まだまだ暖かいシチリア。海で泳いでいる人々のいるなかエトナ山の標高の高い村々ではすでに寒く秋の収穫祭も多く開催されています。

b0091227_2003989.jpgその中でも毎年10月に行われるOttobrataという秋祭りは有名。ザッフェラーナエトネアという村で10月の毎日曜日に行われます。


b0091227_2032283.jpgb0091227_2021055.jpg
エトナ山周辺で産出される地元の葡萄を使った赤ワインをはじめ、ポルチーニやいろんな種類のキノコ、蜂蜜、チーズ、エトナ山独特の火山のミネラルを含んだ小さなリンゴや梨、栗、ソーセージなどなどおいしいものの試食や販売はもちろん鉄製品や手作りレースといった手作り商品の販売もあります。

b0091227_2024117.jpgまたいろんなイベントも開かれるのでかなり大規模なお祭りになります。大きなお祭りなだけにイタリア本土からも観光バスで大勢の人々がこの小さな村を訪れるほどです。
空気の澄んだエトナ山の村で赤ワインを片手にソーセージとキノコを挟んだパニーノを食べるのは最高ですよ!


ピスタチオで有名なエトナ山のブロンテ村ではもちろん「ピスタチオ祭り」が開催されています。
一面にピスタチオの木々が生い茂るこの地域では、この時期になるとピスタチオを使ったあらゆる商品が並びます。たとえば、ピスタチオケーキ、ピスタチオジェラート(超お勧め)、ピスタチオアランチーニ(ライスコロッケ)、ピスタチオクリーム、ピスタチオパスタなどなど。これもやはりエトナ山のワインを片手に味わうと最高です!

ぜひぜひ各地で開催されるシチリアの秋祭りを訪れてみてください!
[PR]
by his-news | 2006-10-03 20:12 | NANAE.N

郷土料理の一品 カターニア編

シチリアはカジキマグロの料理も多いのですがイワシ料理も有名です。イワシを使った郷土料理を二点紹介!

まず一番有名なイワシパスタをご紹介!
b0091227_22224599.jpgぱっと見た感じは色味に華やかさがなくてちょっと戸惑ってしまいますが、だからといって特に魚臭いということはありません。

いわしパスタの作り方
まず玉ねぎ一個をみじん切りにしてオリーブ油で炒めそこに茹でて切ったフェンネルの葉を大量に、そして骨と頭を除いてきれいにしたイワシ300グラムと干しぶどうをもどしたもの、松の実を入れ炒めます。
魚に火が通ったら白ワインを少し入れアルコールを飛ばし、さらにトマトの缶詰を入れます
塩、コショウで味を調え少し煮ます。
パスタはソースの絡みやすいペンネやブカティーニ。茹で上がったらパスタにイワシのソースをからめて出来上がり!

いわしの下準備に少し手間はかかりますが、手間隙かけて作る料理はこの上なく美味しいです。
シチリア料理レストランに行くと必ず出てくる郷土料理の一品です(ただしシチリア内陸では魚料理は期待しないでください)。
ちなみにこのイワシパスタソースの既製品が缶詰になってスーパーでも購入できます。こうした缶詰を利用するときには、玉ねぎをオリーブ油で炒め、それから缶詰の中身を開けて少し煮るとぐんと美味しくなります。この缶詰はアレンジが可能なのでお土産にもお薦めです。

b0091227_2220425.jpgもう一品は簡単なイワシのマリネ。

イワシのマリネの作り方
生の片口イワシの頭と骨を取り除き、きれいに洗った後、みじん切りにしたニンニク少量、コショウ、お好みで唐辛子をかけます。
その上からレモン汁(もしくはレモン汁と酢を少しずつでも美味しい)をイワシがひたひたになるまでたっぷり搾りいれたあとオリーブ油をまわしかけます。
味がしみるように冷蔵庫にしばらく寝かせます。
*レモン汁でイワシが白くなりますが問題なし
いただく前にみじん切りパセリをかけるときれいです。


どちらもおいしいので是非チャレンジしてみてください。
[PR]
by his-news | 2006-09-06 22:26


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧