H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

タグ:おいしいもの ( 38 ) タグの人気記事

シチリアに行ったらやっぱりチェドロ!!

今の時期はシチリアのブラッドオレンジがシーズンですが、今回はレモンの仲間の食べ方を紹介しましょう!

シチリア人は風邪薬の代わりにオレンジやレモンを食べて風邪を治す人が大勢います。
実際に風邪を引いたからと医者に行くと薬の代わりにオレンジやレモンをまず勧めますし、これを搾ってシチリアの蜂蜜とお湯を入れて飲んでいます。

b0091227_20215076.jpgパイナップルと同じくらいの大きい黄色い柑橘類が今の時期マーケットに出回っています。
この果物は「チェドロ」というレモンに似た柑橘類で、切ってみるとレモンの中身よりも白い部分が多いのが特徴です。
これに塩や重曹をつけて食べるのがシチリア流です。
この白い部分がとても甘く、中身の酸っぱさをあまり感じさせないのです。


b0091227_2020642.jpgチェドロは写真のような屋台で切って売ってくれます。
1切れ50セント。1個丸ごとを切ってもらうと2ユーロです。
この切り売り果物屋台は夏場の夜などよく見かけるもので、若者達が暑さしのぎに買って食べたりします。

またキオスクとよばれる立ち飲みスタンドでは「リモナータ・コン・サーレ」といって塩入りレモン水を飲んだりもします。
こちらは一年中飲めますが、夏の暑いときのミネラル補給に最適な飲み物です。

このようにシチリア人はちょっと疲れたり、風邪を引いたりするとすぐにレモンをかじったり、レモン水を飲んだりして体調を整えていますね! またこのチェドロを一口大に切ってパセリのみじん切り、塩、オリーブオイルをかけたサラダにもします。 チェドロが手に入らなくとも、ぜひこんなサラダもお試しください!
[PR]
by his-news | 2007-03-08 20:30 | NANAE.N

ミラノでおいしい夕食を!!

海外に旅行に行って意外と大変なのが毎日の夕食。どこのレストランに行こうか、何を頼んだらいいのか、言葉は大丈夫か、洋服は何を着ていったらいいのかなど、楽しみでもあり、同時に不安もありますよね。

そんな方にはH.I.S.イタリアでは「地元で人気のレストラン&トラットリアで日本語で安心して食事する!」ミールクーポンを各種ご用意しておりますので、こちらもご利用下さい。

ミールクーポン以外で、ミラノにお越しの際に、ぜひお勧めしたいのは「ブルーノート・ミラノ」。
b0091227_21402729.jpgブルーノートといえば、世界各地をはじめ東京にもある有名なジャズのお店。
私は、イメージから何となくバーだけなのかと思っていたのですが、実際に行ってみて驚き!!お食事も楽しめるのです。
1階がステージと食事用テーブル席、2階が音楽だけを楽しむためのカウンター席となっています。もちろん2階席でもドリンク・アルコール類は注文できます。(もちろん何も注文しなくても大丈夫!純粋に音楽だけを楽しむこともできます。)
b0091227_21423481.jpgジャズの心地よい音楽と、落ち着いた大人の雰囲気は、とってもリラックスでき、またちょっとリッチな気持ちにもさせてくれます。

ブルーノート・ミラノは地下鉄2番緑線ポルタ・ガリバルディ駅、または地下鉄3番黄色線ザラ駅下車。
コンサートのチケットを予約・購入すると、自動的にレストランでのお食事をする権利がゲットできるというシステムですので、入り口でお食事したい旨を伝えるだけでOK。ただしチケット代に食事代(ドリンク代)は含まれていませんので別料金になります。
コンサートは21時からと23時30分からの2回、大体30ユーロから35ユーロ前後。
コンサートは要予約。インターネットで直接予約することもできますので、日本からホームページでプログラムを確認、そして予約しておくことも可能。そのほか、電話、指定のチケットセンターでも購入できます。
ブルーノート・ミラノのホームページはこちら。(イタリア語/英語)

旅先でちょっぴり贅沢して大人の夜を楽しむのもいい思い出になりますね。ジャズに興味のある方もない方も、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?きっと素敵な時間をお過ごしになれると思いますよ!
[PR]
by his-news | 2007-02-06 21:50 | MARI.K

ミラノでアペリティーヴォ

イタリアを旅行中、19時半頃に夕食を食べに外に出て、どのレストランもまだ開いていない!という事態に遭遇した方も少なくないのではないでしょうか?
そう、イタリアの夕食の時間は日本に比べてとても遅く、多くのレストランが20時を過ぎないと開かないのです。

そこで、日本にはないイタリア人の習慣として、バールなどで夕食の前に一杯軽くお酒を飲む「アペリティーボ(食前酒)」があります。そして、このアペリティーボ、イタリア人は飲むだけにとどまらず、食べる食べる!
小食の日本人女性なら、これを夕食にしてもおそらく全く問題ない程の量です。
この習慣から、イタリアには「ハッピーアワー」というものが存在します。大体18時頃から20~21時頃まで、バールやカフェ、一部レストランなどで、アペリティーボを楽しむ人のために、ドリンク&ビュッフェが一定料金で楽しめます。ドリンク一杯とビュッフェ食べ放題で大体平均8,00ユーロ。外食が思いのほか高いイタリアで、この値段でお酒が飲めて好きなだけ食べられるというのはかなりお得!
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

b0091227_22333256.jpgミラノなら例えば、ブレラ地区にある「Obikà」
(Via Mercato 28、地下鉄2番緑線Lanza駅下車)。
b0091227_22335535.jpgモッツアレラ・バーと名前がついているだけあって、ハッピーアワーのビュッフェとして、とても美味しいモッツアレラチーズが用意されています。その他のお料理の数やアルコールの種類も充実していてとってもお勧めです。

b0091227_22341562.jpgまたこのお店のすぐ近くには「Da Claudio」というお魚屋さんがあります(Via Ponte Vetero 16)。

b0091227_22343320.jpgこちらでは、イタリアでは珍しく新鮮なお刺身の盛り合わせと白のスパークリングワインがいただけるとあって、いつも沢山のイタリア人で賑わっています。


みなさんもイタリアにいらした際にはぜひ、イタリア人の習慣「アペリティーボ」をお試しになってみて下さいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-16 22:35 | MARI.K

シチリアのお土産

年末年始をただひたすら食べて食べて食べまくるシチリアですが、その食べる量は日本人の3日分を一度にお昼ご飯で食べる感じです。
クリスマスイブとクリスマス当日の料理までは食べられるのですが、大晦日やお正月料理あたりになると、日本人としてはいい加減拷問かと感じるほどの食事量ですね。

ところで、シチリアをはじめイタリアの食後に欠かせないのは甘いもの!
年末年始は食後にパネトーネを食べますが、今年は変わったパネトーネを発見しました。
b0091227_20313948.jpgなんとエトナ火山型のパネトーネ!!

b0091227_2032333.jpg雪の部分はホワイトチョコレートで、溶岩部分はチェリー、パネトーネの中身のクリームはシチリアブラッドオレンジのジャムでマグマを演出。お値段は一箱7,00ユーロ。
さすが活動を活発化させるエトナ山のお膝元です!


b0091227_20334584.jpgさらにトロンチーニというアーモンド入りヌガーを食べたりもします。

b0091227_2036689.jpgこの写真のトロンチーニは5種類の味のミックス。チョコ、バニラ、コーヒー、オレンジ、レモン味。
トロンチーニはクリスマス時期に限らず1年中手に入るのでイタリア旅行のお土産にぴったりですよ!お値段は500グラムで6,00ユーロ。

食事でお腹がいっぱいにも関わらず、こういう甘いものは別腹なんですよね!
この時期に旅行されるならこういうものをお土産にしてみてくださいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-02 20:20 | NANAE.N

イタリア風おかゆの勧め

秋の味覚といえばポルチーニ茸や焼き栗など、食のイタリアには様々な選択肢があります。
しかし肌寒い季節には温かく胃にもやさしい「おかゆ」が恋しくなってしまいます。本来はトマトの美味しい夏の時期に好まれる一品ですが、冬でもおいしいマンマの味を改めてご紹介!

b0091227_1925361.jpg「Pappa al pomodoro(パッパ・アル・ポモドーロ)」

とてもシンプルなこの料理。
どこか懐かしく、お腹がホッとするやさしい味が特徴。

b0091227_19264195.jpg材料はトマト、ニンニク、オリーヴオイル、余ったパンなどを利用します。

b0091227_19273888.jpg大きなシチュー鍋にオリーヴオイルを加え、とろ火でニンニクを炒めます。ニンニクの良い香りがしてくるでしょう?

b0091227_19282399.jpgニンニクがきつね色になったら、湯むきして刻んだトマトと大きめに刻んだバジリコを投入します。
b0091227_19325712.jpg中火にしてトマトを潰し、最期にスライスしたパンを入れます。弱火にして2〜30分コトコト煮込みましょう。水分が不足したら野菜スープか水を加え、「おかゆ」に仕上げます。照りが出たら改めてバジルを乗せて、塩、コショウで味を整えて出来上がりです。
ニンニクの代わりにネギを使ったり、裏ごしをして最後にオリーヴオイルで味を整えたり、またはトマトの相性のよい卵黄を真ん中に落とすなど、「マンマの味」は千差万別。


一口食べてそれがパンだと分からないまろやかで不思議な食感が、「トマトのおかゆ」たる所以でしょうか。アツアツを食べるのがいちばんですが冷めても美味しいのがウレシイですね。
[PR]
by his-news | 2006-11-27 19:34 | YUZO.M

フィレンツェでコーヒーを

イタリアに来たら、ぜひ味わってもらいたいのが、イタリアンコーヒー<エスプレッソ>。日本でも、おなじみになったイタリアのコーヒー。エスプレッソとは、イタリア語で「速い」という意味があり、コーヒーをすばやく抽出することに由来しています。少量で味が濃いのがエスプレッソの特徴ですが、イタリア人はこのコーヒーを朝食の時にはもちろん、食事の後、仕事と仕事の合間や、ショッピングの合間にと一息入れるためにほんとによく飲むのです。イタリアじゅうどこでもバール(BAR)といわれる喫茶店に入れば、手軽に簡単にこのコーヒーを味わうことができます。
さて、気になる値段は。基本的にイタリアでは立ち飲みが多く、座って飲む場合には値段が違うのです。立ち飲みの場合のコーヒー一杯の相場はだいたい80セントから90セント。もちろん格式のある有名な喫茶店に行けば1ユーロということも。また座って飲む場合には、だいたい1ユーロ50セントから2ユーロが相場。また、中心街の観光スポットなどにある優雅な喫茶店では、4ユーロくらい払うところもあります。お店によって支払方法もまちまちで、先にレジで支払いを済ませてからレシートをカウンターに持って行って注文してコーヒーを受け取るところと、後払いのところといろいろ。ちょっと周りの人の行動を観察して真似しましょう。

イタリアでは通常エスプレッソコーヒーのことをコーヒーと呼び、いわゆる日本で愛飲されているコーヒーはアメリカンコーヒー(もしくは長いコーヒー「CAFFE LUNGO」と呼びます。

「コーヒーを1杯下さい」
Mi dai un caffe?(ミ・ダイ・ウン・カッフェ)
カフェの部分を飲みたいものと入れ替えれば応用もできます。
Cappuccino(カプチーノ)
Caffe macchiato(カッフェ・マッキアート):コーヒーに少しミルクが入ったもの
Caffe americano(カッフェ・アメリカーノ):アメリカンコーヒー

ではフィレンツェの有名な喫茶店(バール)を紹介。
フィレンツェの中心街にあるレップブリカ広場(piazza della repubblica)には、フィレンツェ老舗のカッフェ「GILLI」「GIUBBE ROSSE」などがあります。値段は少し高めですがオープンカフェになっていて優雅な気分が味わえます。
チョコレートで有名なカフェ「GIACOSA」は数年前にロベルト・カヴァッリに吸収されておしゃれな感じに磨きがかかりました。ブランド街としても知られるトルナブオーニ通り(VIA TORNABUONI)の脇にあります。コーヒーとおいしいチョコレートで午後のティータイムをくつろぐにはぴったりのお店。こじんまりとしたかわいらしいカフェです。

これから少しずつ冷え込むフィレンツェでショッピングや観光の合間に、カフェやバールで本場のイタリアンコーヒーをあじわってみてください。
[PR]
by his-news | 2006-10-30 23:44 | AZUSA.T

郷土料理の一品 カターニア編

シチリアはカジキマグロの料理も多いのですがイワシ料理も有名です。イワシを使った郷土料理を二点紹介!

まず一番有名なイワシパスタをご紹介!
b0091227_22224599.jpgぱっと見た感じは色味に華やかさがなくてちょっと戸惑ってしまいますが、だからといって特に魚臭いということはありません。

いわしパスタの作り方
まず玉ねぎ一個をみじん切りにしてオリーブ油で炒めそこに茹でて切ったフェンネルの葉を大量に、そして骨と頭を除いてきれいにしたイワシ300グラムと干しぶどうをもどしたもの、松の実を入れ炒めます。
魚に火が通ったら白ワインを少し入れアルコールを飛ばし、さらにトマトの缶詰を入れます
塩、コショウで味を調え少し煮ます。
パスタはソースの絡みやすいペンネやブカティーニ。茹で上がったらパスタにイワシのソースをからめて出来上がり!

いわしの下準備に少し手間はかかりますが、手間隙かけて作る料理はこの上なく美味しいです。
シチリア料理レストランに行くと必ず出てくる郷土料理の一品です(ただしシチリア内陸では魚料理は期待しないでください)。
ちなみにこのイワシパスタソースの既製品が缶詰になってスーパーでも購入できます。こうした缶詰を利用するときには、玉ねぎをオリーブ油で炒め、それから缶詰の中身を開けて少し煮るとぐんと美味しくなります。この缶詰はアレンジが可能なのでお土産にもお薦めです。

b0091227_2220425.jpgもう一品は簡単なイワシのマリネ。

イワシのマリネの作り方
生の片口イワシの頭と骨を取り除き、きれいに洗った後、みじん切りにしたニンニク少量、コショウ、お好みで唐辛子をかけます。
その上からレモン汁(もしくはレモン汁と酢を少しずつでも美味しい)をイワシがひたひたになるまでたっぷり搾りいれたあとオリーブ油をまわしかけます。
味がしみるように冷蔵庫にしばらく寝かせます。
*レモン汁でイワシが白くなりますが問題なし
いただく前にみじん切りパセリをかけるときれいです。


どちらもおいしいので是非チャレンジしてみてください。
[PR]
by his-news | 2006-09-06 22:26

郷土料理の一品 ミラノ編

ピッツァは今やイタリア料理の代表と言っても過言ではないくらい有名ですが、Pizzeria(ピッツァ屋)に行ったら普通は顔よりも大きな丸いピザが一枚出てくると思いますよね?
でもミラノでは丸いピッツァではなく、ピッツァが切った状態で出されます。
(もちろん普通の丸いピッツァを出すお店もあります)
このように切られた状態で出されてくるのはミラノ特有だそうです。
店頭で買う切り売りピッツァとも違っていて、普通に店内で食べられるものです。

b0091227_2235334.jpg少し厚めで丸々1枚に負けず劣らずボリューム満点!でも不思議とぺろりと平らげることができます。
日本人は丸々1枚のピッツァが出てきた時に、見ただけでお腹がいっぱいになってしまい食べきれないことが多いそうですが、このタイプのピッツァだったら完食も夢ではありません!!(笑)

b0091227_2251133.jpg基本はマルゲリータですが、お好みで生ハム、アンチョビ、オリーブなどのトッピングOK。
今回、私はルッコラをトッピングしました。ほんのり苦味ばしったルッコラはピッツァとの相性は抜群!お薦めです。

大きさも選べます。
普通サイズ(Normale・ノルマーレ)か少し大きめサイズ(Abbondante・アッボンダンテ)の二種類からお好きな方を。

普通のPizzeriaもいいですがミラノにお越しの際はぜひミラノ特有のPizzeriaを体験するのも楽しいですよ!

b0091227_2282383.jpgミラノで有名なPizzeria
Pizzeria Da Giuliano
Via Paolo Salpi,60 Milano
02-341630
中華街にあります。
土・日はかなり混むので要予約。

《営業時間》
12:00~15:00、18:30~01:00
月曜定休

《行き方》
・Cairoli駅またはCadorna駅から57番のバスに乗り「Canonica sarpi」下車。
  降りてすぐ右に曲がるとあります。
・Moscova駅から43番のバスに乗り「Betrini canonica」下車。
  信号を渡り左に曲がるとあります。
[PR]
by his-news | 2006-09-06 22:08 | YOKO.M

郷土料理の一品 フィレンツェ編

トスカーナ/フィレンツェの郷土料理。
有名なところではBistecca alla Fiorentina(フィレンツェ風Tボーンステーキ)やTrippa alla Fiorentina(牛モツ煮込みフィレンツェ風)などが挙げられます。しかし前者は厚さが指2本分はあろう牛の骨付きロースを炭火で焼かなくてはならず、また後者は牛胃袋の下ごしらえに時間がかかったりと、どちらも自宅で調理するには些か根気のいる料理でもあるのです。

さてそれでは、日本にいながら自宅でも楽しめるトスカーナの郷土料理とは?!

b0091227_1521384.jpgCrostini con i fegatini(鶏レバーのクロスティーニ)!!
このメニューはフィレンツェにあるトラットリアやリストランテにはたいていどこでも用意されている有名な一品。Antipast(前菜)としてワインのお供にはもちろん、パーティ料理などにも重宝するので是非お試し下さい。

Crostini con i fegatini(鶏レバーのクロスティーニ)の作り方
タマネギ一個とニンニクのみじん切りをオリーヴオイル大さじ2と共に弱火で炒めます。
シナっとなったら鶏レバー(300g)を投入します。
焼き色が付いてきたら赤ワインをドボドボっと投入しましょう。
ヴィンサント(デザート用甘口ワイン)を使用する場合もありますが
赤ワインの方がコクのある仕上がりになるようです。
ケッパー大さじ1、アンチョビフィレーを一枚加えます。
適宜で塩加減を整えます。
いったん火を止め鍋の中身をミキサーへ。
粗さが残る程度に砕いたら再び鍋に戻します。
あとは水気が無くなるまで弱火でじっくりと煮込むだけ。
スライスしてトーストしたパンに鶏レバーペーストをのせて完成!!

いかがですか?簡単でしょう?
クロスティーニは冷めても美味しいところがまた嬉しいですね。

市内にあるそれぞれのリストランテでも趣向を凝らしたクロスティーニが楽しめるので、フィレンツェにお越しの際は食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。
[PR]
by his-news | 2006-09-06 21:50 | YUZO.M

郷土料理の一品 ローマ編

夏の厳しいダイエットに終わりを告げるごとく食欲の秋が近づきつつあります。
この季節イタリア各地で町自慢の特産物&地方料理をテーマとしたお祭り「Sagra(サグラ)」が開かれます。
ワイン祭り、ポルチーニ茸祭り、ピッツァ祭り・・・と毎週のようにどこかの町でお祭りが開かれますが、今回は「Sagra della porchetta(ポルケッタ祭り)」をご紹介!!

b0091227_21214354.jpg「ポルケッタ」とはいってみれば仔豚の丸焼き。中に内臓を細かく刻んだもの、塩コショウ、にんにく、野生のウイキョウ、数種類のスパイスを詰め込み、ゆっくりと時間をかけてこんがりと焼かれたものです。

中部イタリア、特にローマ南部のAriccia(アリッチャ)市の特産物として有名です。ローマ帝国ネロ皇帝の大好物の一つであったとも言われています。

b0091227_2123361.jpg食べ方としては、シンプルに焼きたてのパンにはさんで食べる「パニーノ」が主流となっています。このパニーノにはマヨネーズやレタスなどは入れず、隠す必要のないおいしさのポルケッタのみを入れて食します。肉オンリーのパニーノとは言っても ポルケッタの内側の部分はゆっくり時間をかけて焼かれているのでとても柔らかく、外の皮の部分はカリッカリ、脂の部分はとろけるような旨みでこれを全て上手くミックスしてパニーノに入れるので、とても贅沢な味!!


b0091227_2124431.jpg紙コップに注いでもらった赤ワインを片手に、ポルケッタのパニーノをほおばり、なんとも幸せな気分にひたっているうちに、お祭り会場では「生ハム取りコンテスト」が行われていました。5人一組になり6-7メートルはあるであろう鉄の棒の上にぶら下っている生ハムを取ったもの勝ちのコンテスト。鉄の棒には生ハムのラードがたっぷりと塗られているので、大人5人がかりでもなかなか難しい様子でした。


ポルケッタはお祭りの時だけではなく、この地方では道端のポルケッタ専門キオスクで手軽に売られていて、日常的に食卓に出される一品です。他の街でも青空市場などに出る屋台で良く売られています。値段は大体1kgで12~17ユーロ、パニーノにすると4ユーロくらい。皆さんも機会がありましたら是非是非味見してみて下さい。やみつきになる美味しさです。

《!!注意!!
イタリアでポルケッタを量り売りでお買い求めの際には、ポルケッタのどの部分を入れたのか確かめてから購入してください。時折脂の部分だけ、皮の部分だけが沢山入っている事がありますので。》
[PR]
by his-news | 2006-09-05 21:32 | KASUMI.T


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧