H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アマルフィコースト 「ラヴェッロから初めまして」~ グルメ編

皆さん、初めまして。今月より南イタリア・アマルフィコーストから皆さんにレポートを発信することになった竹澤由美と申します。

私がこうしてこの地に暮らすようになり約2年半がたとうとしています。きっかけは大学時代ほんの1ヶ月ほど遊学していたロンドンにてラヴェッロ出身のイタリア人=現在の夫と出会ったことにさかのぼりますが、当時はまさか彼と結婚するとも、そしてイタリアの中でも南イタリア、そしてアマルフィコーストに嫁ぐ事になるだなんて想像だにしていませんでした。

実は私は引っ越してきた当時、無謀にもイタリア語は挨拶すらまともに分からずに、この地にやってきてパートナーのご両親と同居させてもらいながら、イタリアンマンマ(=現在の姑)より南イタリアならではの徹底した家事を習うことになったわけです。約1年半続いたこの花嫁修業がなければ、私はこんなにイタリア生活に馴染めなかったような気がします。今でこそ笑って話せますが、最初は「パルメジャンチーズだと思ってけずったチーズが羊のチーズで家族からブーイングを受けたり」「家庭で使われるエスプレッソメーカーに使用するコーヒーの適量がよく分からず毎日パートナーから駄目だしをされたり」「オリーブオイルが大量に入っている瓶を床に落としてしまい、掃除に1時間もかかってしまったり」と一人コメディ映画のようなが日々が続いたものでした・・・。

b0091227_2344386.jpgところで、皆さん「アマルフィコースト」というとどのようなイメージがありますか?「海が綺麗」「欧米人に好まれるリゾート地」「太陽をたっぷり浴びたレモンがたくさん」「世界遺産登録された絶景が広がる街」「魚介類が美味しい」等、色々かと思います。(写真はアマルフィの景色)

b0091227_2363466.jpg私も7年前に始めてこの地を旅したときは見るものすべてに言葉を失い、口にするもの全ての美味しさに感動し、現地の人々の温かさにこちらも笑みがたえず、本当に素敵な旅になりました。(写真はラヴェッロの景色)


b0091227_2371072.jpgそこで、このレポートを通じ、少しでも皆さんのアマルフィコースト滞在がより充実したものになるようお手伝いできれば幸いです。(写真はポジターノの景色)


では今回は旅の一番の楽しみ(!?)「アマルフィコーストグルメ事情」についてお話します。

アマルフィコーストは山と海、両方の産業が盛んなのをご存知ですか?魚介類は海が有名なことから皆さんピンと来るかと思いますが、山にはレモンやオリーブはもちろんのこと、秋になると大量に栗の収穫、キノコ狩りがおこなわれたり、今でも豚を家畜する家庭も多く存在し、1月・2月にはその豚を頭の先から足の先まで食用に使います(サラミやハム、ソーセージなど)。
もちろん、皆さんの大好きなモッツァレラチーズやヤギ又は羊のチーズも現地産のものがたくさんあります。例えば、ラヴェッロからトラモンティという町へ午前中移動すると大抵羊やヤギの群れが羊飼いと犬に誘導されながら移動している現場に出くわします。「羊の群れが引き起こす交通渋滞」なんて、憎めない交通渋滞ですよね。

そこで、ぜひアマルフィコーストにいらしたら落ち着いた雰囲気のレストランで「魚介類たっぷりのディナー」を楽しんだり、家庭的な雰囲気のレストランで「お肉がメインのランチ」を楽しんだりしてみては?

b0091227_2403627.jpgまず、新鮮なお魚を海辺のエレガントな雰囲気で楽しめるレストランの一押しはアマルフィにある「Lido Azzurro リド アッズーロ」。とにかく、素材が新鮮なゆえに、素材の味を十分生かすシンプルな味付けの料理をだしています。(とは言え、やはり家庭では真似できないのはプロならでは!)
しかもアマルフィ中心部から徒歩5分という立地ながら小さくて可愛らしいビーチも目の前にあるんです。よって昼間は太陽と波打ち際を目にしながら開放的な気分でランチが楽しめ、夜はアマルフィの夜景を楽しみながらロマンティックディナーを満喫していただけるはずです。
私のオススメは直径約2センチほどの小さなジャコウダコのリングイネ(イタリア語でlinguine con moscardini)。歯ごたえがありながら柔らかいジャコウダコのだしがたっぷりでた塩味のシンプルなパスタは、白ワインともよくあい絶品です。
もう一品のオススメはフサカサゴのパッケリ(イタリア語でPaccheri con lo scorfano)。まずパッケリというパスタはナポリ地方の特産パスタ、この大きな筒型パスタと盛りだくさんのカサゴとフレッシュトマトソースがからまると、もう言葉が出ないほどの美味しさです。

b0091227_2434497.jpgそして、オススメお肉料理のレストランはラヴェッロにある「Cumpà Cosimo」。オーナーのネッタおばさんとルーカおじさんが皆さんを温かく迎えてくれます。ここはお肉屋さんも営む家族が経営しているだけあって本当にお肉料理が美味しい。

イタリアの牛肉は日本のそれとは全く違い赤身肉がほとんど。イタリア人からしてみると日本の高級霜降り牛は、「こんなに脂肪がたくさんの牛肉の方が日本では高級だなんて!」と驚いています。(まぁ、日本人の私としては日本の霜降り牛は又イタリアの赤み肉とは違った美味しさがあると痛感しますが・・・)
ぜひここではお肉好きの方は牛肉のステーキ(イタリア語でBistecca)を!
そして女性の方にはレモンの牛フィレソテー(イタリア語でScaloppina al limone)をオススメします。ステーキは塩味とガーリックのみのシンプルな調理法ゆえに、お肉そのものの旨みを思う存分味わっていただけるはず。
そしてスカロッピーナ・アル・リモーネは、とろみのあるレモンソースとお肉が絶妙にからみあっていて何枚でも食べれてしまいます。
彼らはラヴェッロの隣町スカーラに自分達のブドウ畑も持っているのでもちろん自家製ワインも味わえます。ぜひ、絶品肉料理と自家製ワイン、そして彼らの南イタリアらしいホスピタリティを感じて家庭的な時間を楽しんでください。

b0091227_2291012.jpg(もちろんこの他にもオススメレストランはたくさんありますので、随時更新させていただきます。)

これからもこちらアマルフィコーストからレポートを書かせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

b0091227_2474358.jpgなお、パートナー家族はラヴェッロ中心部にある4ツ星ホテル「ホテルルフォロ」を経営しております。当ホテルのレストラン「Sigilgaidaシジルガイダ」では、各国で経験を積んだアマルフィ出身のエグゼクティブシェフ ジェラルド・サヴォがこのエリアの新鮮な素材と私どものお庭からつんでくる野菜やお花を彩り鮮やかに使い、味覚も視覚も満足していただけるエレガントな地中海料理を楽しんでいただけます。
しかも、目の前には隔たるものの全くないパノラミックビューが広がっています。
私も家業を手伝っておりますので、ぜひ遊びにいらして下さい!


Lido Azzurro リストランテ リド アッズーロ
住所:Lungomare dei Cavalieri 5 Amalfi (SA)
Tel: +39 089 871384
行き方:アマルフィSITAバス停留所から海を正面にして右手にのびる海沿いの道をまっすぐポートに向かって徒歩約3分歩くと左手にあります。
*月曜日定休

Cumpà Cosimo クンパ コジモ
住所:Via Roma, 44 Ravello (SA)
Tel: +39 089 857156
行き方:ラヴェッロ ドゥオーモを正面にして左手にある細い道ヴィア ローマ(Via Roma)をまっすぐ進む。サンタ マリア グラディッロ教会(Chiesa St. Maria Gradillo)手前右手に位置します。

Hotel Rufolo ホテル ルフォロ
住所:Via S. Francesco, 1 Ravello (SA)
Tel: +39 089 857133
行き方:ラヴェッロ ドゥオーモを正面にして右手にある細い道ヴィア デイ ルフォロ(Viadei Rufolo)をまっすぐ進む。陶芸ショップの並ぶ細く短いトンネルをくぐると正面に位置します。
[PR]
by his-news | 2007-05-17 02:49 | YUMI.T

ラグーザの街

広い大地のシチリア。東シチリアには観光地としても有名なタオルミーナやシラクーサだけでなく、他にも多くの素晴らしい街があります。
ラグーサはシチリアの東南に位置し、タオルミーナからもカターニアからもちょっと遠いですが、足を伸ばして訪れたい、絶対お薦めの観光スポットです。

ラグーサには新市街とラグーサ・イブラと呼ばれる旧市街があり、電車やバスは新市街に到着します。
新市街は山の上にあり、急な坂のある町並みで商店も多く並びます。この街の中にあるサン・ジョヴァンニ聖堂(Cattedrale di San Giovanni)の大きさには驚きます。
新市街から旧市街までバスも出ていますが、私のお薦めするルートはこのサン・ジョヴァンニ聖堂前のコルソ・イタリア通り(Corso Italia)の坂道を車道沿いに下って行く徒歩ルート。
b0091227_239192.jpgやがてサンタ・マリア・デッラ・スカーラ教会(Chiesa di S.M.della Scala)にぶつかり、そこから先は更に階段で旧市街まで下りていけます。

b0091227_23133174.jpgこの階段から見えるラグーサ・イブラの景色は絶景です。ラグーサ・イブラの街にはサン・ジョルジョ聖堂(Cattedrale di San Giorgio)があり、この大聖堂前には美味しいシチリア料理を食べさせてくれるレストランもあります。

またラグーサ大学もあり、そこには日本語学科もあるので、日本語を話せる大学生達に時々会うこともあります。ぜひそんな大学生達とも交流を楽しんでください!

ラグーサでは美味しいラグサーノというチーズやリコッタチーズなどのチーズ類、サラミも有名。そんな素材ををつめたパニーノを持ってラグーサ・イブラにある植物公園に出かけて、そこでのんびりランチをいただくのも楽しいですよ!


b0091227_23143791.jpg★アクセス方法★
バス:
タオルミーナからはカターニアで乗り換え、カターニアから2時間。
シラクーサからは1時間弱。
電車:
タオルミーナから2時間40分。
カターニアから2時間。
シラクーサから1時間。

[PR]
by his-news | 2007-05-14 23:16 | NANAE.N

ミラネーゼにならってポルタ・ティチネーゼでショッピング

ミラノでショッピングといえば、一流ブランド店がひしめくモンテナポレオーネ通りやスピーガ通りをイメージされる方が多いと思います。

ここはファッションの街ミラノ。見所やお薦めスポットはブランドものばかりではありません。

今回は若いミラネーゼがショッピングに行くポルタ・ティチネーゼ地区をご紹介したいと思います。ミラノの旧市街の街並みが残る一角でありながら、若者が集う場所で、個性的なショップ、カフェ、レストランが軒を並べています。

★アクセス方法★
ドゥオモ正面を背にして立って、左手に伸びるVia Torino(トリノ通り)をブラブラ歩いて行くと、まもなく三叉路。その一番左の道を進んでいくとポルタ・ティチネーゼ通り。

b0091227_1847630.jpg通りを入ってすぐに目に入ってくるのがイタリア発のPOPな雑貨屋「FIORUCCI」。
黒髪と金髪の天使のキャラクターが目印。おもしろい雑貨やキッチュなものがたくさんあって見てるだけでも楽しい!もちろんお土産探しにもお薦めです。


b0091227_18483840.jpg更に通りを歩いていくと16本の円柱が聳え立つサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会が見えてきます。
この円柱は古代ローマ時代のもので、教会を建てる際に移築したそうです。

b0091227_18502373.jpg教会自体は何度も改装され、後ろに見える色の濃い部分の建物が古いもので、前面にある白い建物は比較的新しい時代のものです。教会の前の広場は市民の憩いの場です。


b0091227_18504835.jpgサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会と隣り合うようにあるポルタ・ティチネーゼ(ティチネーゼ門)を通り抜けると、その先は通りの両脇にずらっと洋服、靴、アクセサリーなどのお店が軒を連ねています。


b0091227_18525032.jpg日本語の「わびさび」から取ったのでしょうか(笑)。
スペインのデザインがかわいらしくて履きやすいCAMPERの靴を扱ってるお店。


b0091227_18532492.jpg今年流行の「マリンルック」を取り入れたディスプレイのお店「CASANITA」。
値段も手ごろでヤング・ミラネーゼに大人気のショップです!
昼休みに閉まるお店が多い中、10:30-19:30のノンストップ営業も嬉しい限り。
店員の女性もとても気さくで明るい人です。
「CASANITA」
 住所:Corso di Porta Ticinese,76
電話:02-83390491
営業時間:10:30-19:30
www.casanita.it


この界隈は、上記のお店も含めて、ショーウィンドウを見て歩いているだけでも、個性的なショップのディスプレイを楽しむことができます。

b0091227_18563572.jpgちょっと歩き疲れたら、ジェラート屋さんで一休み。ジェラート屋さんだけどクレープもおいしいと評判。


ドゥオモから歩いていける距離にある歴史的建造物とおしゃれなショップが融合している地区。観光の合間に訪れてみる価値ありです!!
[PR]
by his-news | 2007-05-09 18:59 | YOKO.M

ミラノの公園でのんびり

ここのところ、からっと気持ちの良いお天気が続いているミラノ。
若い緑や花々が美しい今の季節にぜひ楽しんでおきたいのは「公園ライフ」!
休日の公園は、春を満喫しようとする地元の人でいっぱい。
b0091227_1849488.jpg小さなマーガレットが一面に広がる芝生の上や木陰になったベンチは、観光で歩き疲れたときに一休みするのにもぴったり。


b0091227_18504491.jpgミラノのチェントロ(中心街)近くの公園といえば、有名なのは
1.スフォルツェスコ城の裏側に当たるセンピオーネ公園
(地下鉄赤線Cairoliカイローリ駅下車)
2.プッブリチ公園
(地下鉄赤線Palestroパレーストロ駅下車)

今回ぜひお勧めしたいのはこちら、
ジャルディーノ・デッラ・グアスタッラ
(グアスタッラ公園/地下鉄3番黄色線クロチェッタCrocetta下車)です。


b0091227_18512442.jpgガイドにもほとんど載っていない、とても小さな公園ですが、実はミラノで一番歴史の古い公園。バロック様式の美しい装飾が施された石造りの手すりに囲まれた池、ところどころに置かれた彫刻など、繊細さ、優雅さでは群を抜いています。

b0091227_1852666.jpgそれもそのはず、ここはかつて、没落した貴族家庭の少女達のための寄宿学校の敷地の一部で、その寄宿学校の果樹園があった場所だそうです。
この学校は1555年にグアスタッラ伯爵夫人によって創立され、その後1937年にミラノ市の所有物になり、寄宿学校はモンツァに移転、1939年から果樹園のあったこの場所が公園として一般に公開されています。

実際にこの場所に行くと、フリルのついたエプロンをつけた可愛らしい格好の女の子たちが楽しそうに果物を作ったり収穫したりしている風景が浮かんできて、まるでタイムスリップしたかのよう!

小さな宝石のように本当に美しく愛らしい公園です。ドゥオーモから徒歩でも15分ほどですので、ぜひ足を運んでみてくださいね!
[PR]
by his-news | 2007-05-07 18:53 | MARI.K


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧