H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヴェネツィア周辺特派員募集!

募集職種:特派員 (ヴェネツィア周辺)

<<仕事内容>>
月1-2回のペースで各都市及び周辺の最新ニュースを執筆していただきます。

<<必要な経験・スキル>>
締め切り厳守できること。
観光客・在伊邦人を問わず、楽しんで購読してもらえる情報提供ができること。
このブログのバックナンバー記事をご参照下さい。

<<募集条件>>
1.記事1本につき10,00ユーロ(ひと月2本まで)
2.契約期間は1年間
3.選考方法は書類選考(日本語もしくはイタリア語の履歴書・職務経歴書、サンプル記事)

<<応募条件>>
・日本人もしくは日本語に堪能な日本国籍以外の方
・滞在許可証取得者
・イタリア国内に銀行口座(郵便口座も可)をお持ちの方
・Codice Fiscaleをお持ちの方
・メールでの書類のやり取りが可能な方

<<必要応募書類>>
1.日本語もしくはイタリア語の履歴書・職務経歴書
2.サンプル記事(500文字程度/テーマ自由/記事関連画像2枚添付)
採用時に下記の書類を郵送もしくはメール添付にて提出いただきます。
3.パスポートのコピー
4.滞在許可証のコピー
5.Codice Fiscaleのコピー

<<応募書類送付先>>
フィレンツェ支店人事担当者:水野宛 
メール件名には「特派員応募(名前)」と記入して下さい。
*電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
[PR]
by his-news | 2007-01-24 19:53

ミラノでアペリティーヴォ

イタリアを旅行中、19時半頃に夕食を食べに外に出て、どのレストランもまだ開いていない!という事態に遭遇した方も少なくないのではないでしょうか?
そう、イタリアの夕食の時間は日本に比べてとても遅く、多くのレストランが20時を過ぎないと開かないのです。

そこで、日本にはないイタリア人の習慣として、バールなどで夕食の前に一杯軽くお酒を飲む「アペリティーボ(食前酒)」があります。そして、このアペリティーボ、イタリア人は飲むだけにとどまらず、食べる食べる!
小食の日本人女性なら、これを夕食にしてもおそらく全く問題ない程の量です。
この習慣から、イタリアには「ハッピーアワー」というものが存在します。大体18時頃から20~21時頃まで、バールやカフェ、一部レストランなどで、アペリティーボを楽しむ人のために、ドリンク&ビュッフェが一定料金で楽しめます。ドリンク一杯とビュッフェ食べ放題で大体平均8,00ユーロ。外食が思いのほか高いイタリアで、この値段でお酒が飲めて好きなだけ食べられるというのはかなりお得!
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

b0091227_22333256.jpgミラノなら例えば、ブレラ地区にある「Obikà」
(Via Mercato 28、地下鉄2番緑線Lanza駅下車)。
b0091227_22335535.jpgモッツアレラ・バーと名前がついているだけあって、ハッピーアワーのビュッフェとして、とても美味しいモッツアレラチーズが用意されています。その他のお料理の数やアルコールの種類も充実していてとってもお勧めです。

b0091227_22341562.jpgまたこのお店のすぐ近くには「Da Claudio」というお魚屋さんがあります(Via Ponte Vetero 16)。

b0091227_22343320.jpgこちらでは、イタリアでは珍しく新鮮なお刺身の盛り合わせと白のスパークリングワインがいただけるとあって、いつも沢山のイタリア人で賑わっています。


みなさんもイタリアにいらした際にはぜひ、イタリア人の習慣「アペリティーボ」をお試しになってみて下さいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-16 22:35 | MARI.K

シチリアのお土産

年末年始をただひたすら食べて食べて食べまくるシチリアですが、その食べる量は日本人の3日分を一度にお昼ご飯で食べる感じです。
クリスマスイブとクリスマス当日の料理までは食べられるのですが、大晦日やお正月料理あたりになると、日本人としてはいい加減拷問かと感じるほどの食事量ですね。

ところで、シチリアをはじめイタリアの食後に欠かせないのは甘いもの!
年末年始は食後にパネトーネを食べますが、今年は変わったパネトーネを発見しました。
b0091227_20313948.jpgなんとエトナ火山型のパネトーネ!!

b0091227_2032333.jpg雪の部分はホワイトチョコレートで、溶岩部分はチェリー、パネトーネの中身のクリームはシチリアブラッドオレンジのジャムでマグマを演出。お値段は一箱7,00ユーロ。
さすが活動を活発化させるエトナ山のお膝元です!


b0091227_20334584.jpgさらにトロンチーニというアーモンド入りヌガーを食べたりもします。

b0091227_2036689.jpgこの写真のトロンチーニは5種類の味のミックス。チョコ、バニラ、コーヒー、オレンジ、レモン味。
トロンチーニはクリスマス時期に限らず1年中手に入るのでイタリア旅行のお土産にぴったりですよ!お値段は500グラムで6,00ユーロ。

食事でお腹がいっぱいにも関わらず、こういう甘いものは別腹なんですよね!
この時期に旅行されるならこういうものをお土産にしてみてくださいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-02 20:20 | NANAE.N

いたずら好きな魔女ベファーナ

クリスマス・お正月とイベントが続いたイタリアは、このお祭りムードの締めくくりとしてベファーナ(BEFANA)というお祭りが1月6日にあります。

このベファーナはEpifaniaというキリスト公現祭の宗教的なお祭り。ただし昨今では次第に宗教色が薄れて、子供たちにお菓子をプレゼントしてくれる「いたずら好きな魔女」がやってくる日としてお馴染みになってきました。この時期になると町のお菓子屋さんやバールのウィンドーには、魔女ベファーナのお人形が飾りつけられます。

この魔女ベファーナはちょっぴりいたずら好きなところがあり、前年一年間良い子にしていた子供には、靴下の中にチョコレートや飴などのスイートを入れてくれるのですが、前の年あまり良い子ではなかった子供の用意した靴下の中には、お菓子の変わりに石炭をいれるという「いたずら」をするのです。とはいっても本物の石炭ではなくて石炭をかたどった甘い黒いお菓子をプレゼントするのですけど。
いずれにしても子供達はベファーナの前の日は寝る前に自分の持っている一番大きな靴下を枕元につるして眠るのです。子供心にも今年はお菓子か石炭かどきどきしながらこの日を待つのです。

最近では基本的に子供のためのお祭りとなったベファーナ。でも、お茶目なイタリア人は、大人たちの間でも、「今日はベファーナだから」ということでチョコレートを仲のいい友達にプレゼントしあったりします。
クリスマスとエピファニアで二回プレゼント交換があったりするわけです。

1月6日はクリスマス・お正月と続いたお祝い事ムードから仕事や学校の普段の生活へもどるための、とても重要な区切りの日でもあります。
ベファーナが終わると盛大に冬のバーゲンセールが各地で始まります。各地のバーゲン開催時期はこちらでチェック!!日本と同じで、いい物は早くなくなるので、お買い物はお早めに!
[PR]
by his-news | 2007-01-02 20:01 | AZUSA.T


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧