H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

カテゴリ:MARI.K( 25 )

ミラノの公園でのんびり

ここのところ、からっと気持ちの良いお天気が続いているミラノ。
若い緑や花々が美しい今の季節にぜひ楽しんでおきたいのは「公園ライフ」!
休日の公園は、春を満喫しようとする地元の人でいっぱい。
b0091227_1849488.jpg小さなマーガレットが一面に広がる芝生の上や木陰になったベンチは、観光で歩き疲れたときに一休みするのにもぴったり。


b0091227_18504491.jpgミラノのチェントロ(中心街)近くの公園といえば、有名なのは
1.スフォルツェスコ城の裏側に当たるセンピオーネ公園
(地下鉄赤線Cairoliカイローリ駅下車)
2.プッブリチ公園
(地下鉄赤線Palestroパレーストロ駅下車)

今回ぜひお勧めしたいのはこちら、
ジャルディーノ・デッラ・グアスタッラ
(グアスタッラ公園/地下鉄3番黄色線クロチェッタCrocetta下車)です。


b0091227_18512442.jpgガイドにもほとんど載っていない、とても小さな公園ですが、実はミラノで一番歴史の古い公園。バロック様式の美しい装飾が施された石造りの手すりに囲まれた池、ところどころに置かれた彫刻など、繊細さ、優雅さでは群を抜いています。

b0091227_1852666.jpgそれもそのはず、ここはかつて、没落した貴族家庭の少女達のための寄宿学校の敷地の一部で、その寄宿学校の果樹園があった場所だそうです。
この学校は1555年にグアスタッラ伯爵夫人によって創立され、その後1937年にミラノ市の所有物になり、寄宿学校はモンツァに移転、1939年から果樹園のあったこの場所が公園として一般に公開されています。

実際にこの場所に行くと、フリルのついたエプロンをつけた可愛らしい格好の女の子たちが楽しそうに果物を作ったり収穫したりしている風景が浮かんできて、まるでタイムスリップしたかのよう!

小さな宝石のように本当に美しく愛らしい公園です。ドゥオーモから徒歩でも15分ほどですので、ぜひ足を運んでみてくださいね!
[PR]
by his-news | 2007-05-07 18:53 | MARI.K

ミラノのチャイナタウン

トラムやバス、地下鉄に乗ってドゥオーモ周辺から少し遠ざかってみると、日本人観光客のみなさんが最初に驚くのは、「移民の多さ」ではないでしょうか?
会社や学校が休みの日曜日になると、イタリア人の乗客を見つける方が大変なほど。
もはや移民問題はイタリアのどの町でも大きな社会問題になっています。

その中でもミラノの中国人の多さは、その他の世界の大都市のご多分に漏れず。
ミラノでは、センピオーネ公園の近くにあるパオロ・サルピ通り(Via Paolo Sarpi)を中心とする一帯が大きなチャイナタウンとなっています。
b0091227_113214.jpgそのチャイナタウンでは、そこに以前から住んでいるイタリア人と、後から入ってきて一帯を支配してしまった中国人との間で大きな確執があり、イタリア人が住む多くのアパートの窓から、中国人反対のオレンジ色の旗が下がっています。
と同時に、虹色のPeaceの旗が下がっている窓もところどころあり、その中を歩いていると、少し複雑な心境になってしまいます。


とはいえ、このチャイナタウンでは味噌、鰹節、お酢、みりんなどの日本の調味料から、お豆腐やこんにゃく、大根やオクラ、サトイモ、長いも、れんこんなど、イタリアのスーパーには売っていない野菜まで簡単に手に入り、ミラノ在住日本人には本当にありがたい存在です。

b0091227_143370.jpgまた、外食の値段が非常に高いミラノにおいて、美味しい中華料理がかなりお手ごろな値段で食べられるというのもチャイナタウンの大きな楽しみのうちのひとつ。

b0091227_125553.jpgイタリアの流行を彼らなりに取り入れた洋服や雑貨ももちろん格安!ミラノ在住のとっても個性的なおしゃれさんのフランス人女性の私の友人は、この中華街で買い物するのが大好きだそう。

b0091227_152571.jpg要は取り入れる側のセンスの問題!とにかく、見ているだけでもとても楽しいチャイナタウン、ついついお財布の紐がゆるんでしまいそう。観光客のみなさんもイタリア観光の息抜きに寄ってみてはいかがでしょうか?

[PR]
by his-news | 2007-04-03 01:06 | MARI.K

ミラノ・サローネの季節

記録的な暖冬で冬らしい冬はついにに訪れることなく、日に日に春めいてくる今日この頃。

さて、春そしてミラノ、とくれば絶対に忘れてはいけないのがこのイベント、世界が毎年熱い眼差しを注ぐデザインウィーク「ミラノ・サローネ」!
b0091227_19193896.jpgこれは、家具や雑貨の大規模な展示会(フィエラ)で、世界各国のブランドが最新作を持ち寄って展示するもの。世界最先端のトレンドがばっちり分かるとあって、この期間中、ミラノ市内は世界中からやってくるデザイン関係者で溢れ返ります。
従って、ホテルの予約なども難しくなるため、興味のある方は早めに計画し行動することをお勧めします。


b0091227_19222161.jpg2007年のミラノ・サローネの開催期間は4月18~23日。
このイベントは①フィエラと呼ばれる大展示会場(地下鉄1番赤線「RHO-Fiera(ロ・フィエラ)」駅下車)と、②その他、に分かれています。


まず①大展示会場について。
こちらは基本的に関係者向けであり、一般の人が入場できるのは22日(日)のみとなっています。オフィシャルサイトはこちら。(伊/英)


そして②その他について。
①以外にも、この大展示会場のフィエラの期間に合わせて様々なブランドが、ミラノ市内各所で展示会を開いています。
こちらは全て一般に開放されていて、入場も無料。
お店の中だったり、建物の一室だったり、何かの跡地だったり、それぞれ空間にも趣向が凝らされているので、見ているだけでとても楽しいです。
特に多くの展示会が集中している場所は、Via Tortona周辺(地下鉄2番緑線「Porta Genova(ポルタ・ジェーノヴァ)」駅下車)、Via Solferino周辺(地下鉄地下鉄2番緑線「Lanza(ランツァ)」駅もしくは「Moscova(モスコーヴァ)」駅下車)。
展示会が開かれている場所の入り口には昔のバス停のような大きな目印が出ており、歩いていると一目で分かるようになっています。
各イベント会場で手に入るガイドを見ると、どこでどのブランドの展示会が行われているのか一目瞭然。また夕方になるとアペリティーボ(食前酒&スナック)が無料で頂けたりする、そんな情報もガイドには出ていますのでぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

b0091227_192327100.jpgデザイン関係者だけではなく、一般の人も十分に楽しめるこのデザインウィーク。
ミラノの町を歩いて見るのにも、うってつけのイベント。
普通の観光ではなかなか見えないミラノの顔がきっと見えるはず!

[PR]
by his-news | 2007-03-06 19:23 | MARI.K

ミラノでおいしい夕食を!!

海外に旅行に行って意外と大変なのが毎日の夕食。どこのレストランに行こうか、何を頼んだらいいのか、言葉は大丈夫か、洋服は何を着ていったらいいのかなど、楽しみでもあり、同時に不安もありますよね。

そんな方にはH.I.S.イタリアでは「地元で人気のレストラン&トラットリアで日本語で安心して食事する!」ミールクーポンを各種ご用意しておりますので、こちらもご利用下さい。

ミールクーポン以外で、ミラノにお越しの際に、ぜひお勧めしたいのは「ブルーノート・ミラノ」。
b0091227_21402729.jpgブルーノートといえば、世界各地をはじめ東京にもある有名なジャズのお店。
私は、イメージから何となくバーだけなのかと思っていたのですが、実際に行ってみて驚き!!お食事も楽しめるのです。
1階がステージと食事用テーブル席、2階が音楽だけを楽しむためのカウンター席となっています。もちろん2階席でもドリンク・アルコール類は注文できます。(もちろん何も注文しなくても大丈夫!純粋に音楽だけを楽しむこともできます。)
b0091227_21423481.jpgジャズの心地よい音楽と、落ち着いた大人の雰囲気は、とってもリラックスでき、またちょっとリッチな気持ちにもさせてくれます。

ブルーノート・ミラノは地下鉄2番緑線ポルタ・ガリバルディ駅、または地下鉄3番黄色線ザラ駅下車。
コンサートのチケットを予約・購入すると、自動的にレストランでのお食事をする権利がゲットできるというシステムですので、入り口でお食事したい旨を伝えるだけでOK。ただしチケット代に食事代(ドリンク代)は含まれていませんので別料金になります。
コンサートは21時からと23時30分からの2回、大体30ユーロから35ユーロ前後。
コンサートは要予約。インターネットで直接予約することもできますので、日本からホームページでプログラムを確認、そして予約しておくことも可能。そのほか、電話、指定のチケットセンターでも購入できます。
ブルーノート・ミラノのホームページはこちら。(イタリア語/英語)

旅先でちょっぴり贅沢して大人の夜を楽しむのもいい思い出になりますね。ジャズに興味のある方もない方も、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?きっと素敵な時間をお過ごしになれると思いますよ!
[PR]
by his-news | 2007-02-06 21:50 | MARI.K

ミラノでアペリティーヴォ

イタリアを旅行中、19時半頃に夕食を食べに外に出て、どのレストランもまだ開いていない!という事態に遭遇した方も少なくないのではないでしょうか?
そう、イタリアの夕食の時間は日本に比べてとても遅く、多くのレストランが20時を過ぎないと開かないのです。

そこで、日本にはないイタリア人の習慣として、バールなどで夕食の前に一杯軽くお酒を飲む「アペリティーボ(食前酒)」があります。そして、このアペリティーボ、イタリア人は飲むだけにとどまらず、食べる食べる!
小食の日本人女性なら、これを夕食にしてもおそらく全く問題ない程の量です。
この習慣から、イタリアには「ハッピーアワー」というものが存在します。大体18時頃から20~21時頃まで、バールやカフェ、一部レストランなどで、アペリティーボを楽しむ人のために、ドリンク&ビュッフェが一定料金で楽しめます。ドリンク一杯とビュッフェ食べ放題で大体平均8,00ユーロ。外食が思いのほか高いイタリアで、この値段でお酒が飲めて好きなだけ食べられるというのはかなりお得!
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

b0091227_22333256.jpgミラノなら例えば、ブレラ地区にある「Obikà」
(Via Mercato 28、地下鉄2番緑線Lanza駅下車)。
b0091227_22335535.jpgモッツアレラ・バーと名前がついているだけあって、ハッピーアワーのビュッフェとして、とても美味しいモッツアレラチーズが用意されています。その他のお料理の数やアルコールの種類も充実していてとってもお勧めです。

b0091227_22341562.jpgまたこのお店のすぐ近くには「Da Claudio」というお魚屋さんがあります(Via Ponte Vetero 16)。

b0091227_22343320.jpgこちらでは、イタリアでは珍しく新鮮なお刺身の盛り合わせと白のスパークリングワインがいただけるとあって、いつも沢山のイタリア人で賑わっています。


みなさんもイタリアにいらした際にはぜひ、イタリア人の習慣「アペリティーボ」をお試しになってみて下さいね!
[PR]
by his-news | 2007-01-16 22:35 | MARI.K

ミラノのクリスマス!

例年の今の時期に比べてかなり暖かい日が続いていたミラノも12月に入り、華やかなクリスマスのネオンと共にようやく冬らしい表情を見せ始めました。
というわけで、これからミラノに訪れるご予定のある日本人観光客の方々にとっておきの新情報です!

b0091227_18545072.jpgなんとこのたび、ATM(ミラノ市交通会社)が、「アンティーク・トラム(路面電車)車内で素敵なディナーを楽しむ」というサービスを開始(要予約)!

b0091227_18583172.jpgトラムといっても中はアンティークな高級列車の食堂車といった雰囲気。料理のお値段はコースメニューで50,00ユーロ。メインはお魚とお肉から選択可能です。車窓からミラノの夜の風景を楽しみながら本格的なイタリア料理を堪能できます。20:00にスフォルツェスコ城広場から出発、約2時間半かけて市内を回り、同じ広場に戻ってくるという行程になっています。

こちらのディナーの予約はATMのフリーダイヤル800.80.81.81電話のみで受け付けています。通常月曜日は運休日となっており、さらにクリスマスや元旦、パスクワの祝日は、サービスを行っていない日があるのでご予約の際にご確認下さい。ATMのこのサービスに関するサイトはこちら

クリスマスといえば外に出かけることが多い日本ですが、イタリアでは家族と自宅で過ごすことが圧倒的に多くて、街は静まり返って、ほとんどのお店やレストランは閉まってしまいます。また同じように12月26日も聖ステーファノと呼ばれる祝日となっていますのでご注意下さい!
また逆に年末のカウントダウンは大変なお祭り騒ぎで、特にミラノ・ドゥオモ広場周辺を中心に爆竹があちこちで鳴り響き、酔っ払った人びとでごったがえし、警察の車と救急車が脇で常時待機といった、少し危険な状態になりますので、スフォルツェスコ城の前辺りまで歩いて、少し落ち着いた場所でカウントダウンを迎えることをお勧めします!

それではみなさま楽しいクリスマス、そしてよい新年をお迎え下さいませ。
[PR]
by his-news | 2006-12-15 18:46 | MARI.K

フィエラ・デッリ・オーベイ!オーベイ!

11月に入り急に風が冷たくなり、ミラノでは早速ちょっぴり気の早いクリスマスのネオンが夜の町を彩り始めました。
家族や友達へのクリスマスプレゼント探しは全てのイタリア人にとって本当に大仕事。まだ一ヶ月以上あるとはいえ、そろそろウィンドウショッピングをしながらプレゼントのアイディアに想いを巡らし始める季節でもあります。

さて、その大変なクリスマスプレゼント探しにおいてミラネーゼに毎年大きく貢献しているのがこちらのイベント「フィエラ・デッリ・オーベイ!オーベイ!」です。
「オーベイ!」とはミラノの方言で「わあ素敵!」という意味。まさにその名のとおり、クリスマス関連の雑貨をはじめ、食材、洋服、おもちゃ、アクセサリーなどなど、露店が所狭しと並び、クリスマスのプレゼントを探すのにはもってこいなのです!

このフィエラ(見本市)は、毎年ミラノの街の守護聖人・サンタンブロージョの祝日(12月7日)の前後に開催され、今年は12/5~8に行われます。場所はサンタンブロージョ教会周辺(地下鉄2番線サンタンブロージョ駅下車)。開催期間中は人がすれ違うのも大変なほどの大賑わいとなりますので、お出かけの際は身軽な格好でスリなどには十分ご注意下さい。
あらかじめ友達や家族と離れ離れになってしまった際の待ち合わせ場所を決めておくのも良いかもしれません。

b0091227_19193067.jpgちなみにこのサンタンブロージョ教会は、通常日本人観光客の皆さんが訪れることの少ない場所のようですが、実は当時のミラノ司教であったアンブロージョにより379~386年に建てられたミラノで一番古く歴史のある教会なのです。

b0091227_19201981.jpgドゥオーモのゴシック様式のような圧倒的な荘厳さはありませんが、温かくシンプルなロマネスク建築の傑作として名高く、そこにいるだけですっーと当時にタイムスリップしてしまったような不思議な錯覚に陥る、とても魅力的な空気を持つ教会です。

b0091227_19205388.jpgこの「フィエラ・デッリ・オーベイ!オーベイ!」と共に、ぜひ訪れてみて下さいね!
[PR]
by his-news | 2006-11-27 19:21 | MARI.K

ミラノ・スカラ座当日券を手に入れよう

ミラノといえばやっぱりスカラ座。
伝統あるスカラ座でイタリアオペラを一度は見てみたい!!でもスカラ座のチケットを前もって手配するのは結構大変。それに有名な公演は発売と共に売切れてしまうので手に入れるのは難しい。
でもここはイタリア、抜け道はあるのです!
というわけで今回は、ガイドブックにはほとんど載っていない「スカラ座の当日券の購入方法」を詳しくご紹介!
b0091227_19422086.jpgここでいう「当日券」とは前売り分とは別に、毎公演140席売り出される天井桟敷席のチケットのこと。つまり人気がある公演で前売りチケットが売り切れていても、当日の天井桟敷席チケットを手に入れることが可能なのです。
ガイドブックなどには18時から当日券が売り出されるだけと書いてある場合が多いのですが、確実にチケットを手に入れたい場合は、それでは実は遅いのです!!


b0091227_1940505.jpgまず、スカラ座正面左脇奥(Via Filodrammatici 2)のチケット売り場で17:00から「点呼(Appelloアッペッロ)」というものがあります(この時間は公演によって変わることがあるので、このチケット売り場の扉の張り紙で事前に確認してください)。

b0091227_19512437.jpgこの「点呼=アッペッロ」とは名簿を持った係りの人が、先着順に名前を記入していき整理券を配るというクラシックなシステム。もちろん140番まで名簿が埋まればその時点で当日券の販売も終わりになります。
しかし、このアッペッロは17:00開始と書かれているものの、実際には名簿を持った係の人は少なくとも16:30頃には来ており、その場にいる人からどんどん名簿の記入を始めています。

b0091227_19515747.jpgということは!
チケット売り場の扉の張り紙にあるアッペッロの時間の30分前には現地に行っていた方が確実です。そして17:00になって無事整理券をもらえたら18:00にまた同じ場所に戻ります。
そこでもう一度名簿の点呼があり、それが終わるとやっと整理券の番号順にチケットを購入することができます。


値段は公演によって異なりますが14ユーロ前後。座席指定はできません。

この当日券を購入する際に気をつけなければいけない点。
1.他人の分のチケットは基本的に買えません。
2.4人分欲しければその4人が各自名簿に自分の名前を記入し、17:00の点呼の時と18:00のチケット購入時のいずれの時もきちんと全員揃っていなければなりません。
3.本人確認のために身分証明書の提示を求められることもあります。

上演演目・公演カレンダーはスカラ座のサイトで確認することができます。(イタリア語/英語)

天井桟敷席はプラテアやパルコ席と違い、とてもざっくばらんな雰囲気。ジーパンにスニーカーでも、ワンピースやスーツでお洒落をしてきても、どちらでも浮いたりしないのでご心配なく!お好きな格好でオペラをお楽しみ下さい。
ミラノにお越しの際はぜひスカラ座へ足を運んでみて下さい!!
[PR]
by his-news | 2006-10-03 19:52 | MARI.K

ミラノでクルージング!!

よき古きミラノの下町情緒溢れるナヴィリオ運河地区(地下鉄2番緑線、ポルタ・ジェノバ駅下車)。しかし悲しいことに、なぜか日本のガイドブックではあまり盛大に取り上げられることもなく、日本人観光客の皆さんが訪れずに素通りしてしまうことが多いポイントでもあります。

そこで今日お勧めしたいのが「ナヴィリオ運河クルーズ」。
b0091227_224265.jpg今年の春に始まったばかりの新しい試みでまだ一般にはあまり知られていません。だからこそ今がお薦め!!
運行期間は一年のうち4月から9月30日までの春夏限定。今月ミラノにお越しの方はまだまだ間に合いますので是非検討して下さい。

この「ナヴィリオ運河クルーズ」はいくつかのコースから選べて値段は10ユーロから!!澄んだ秋空の下、運河から眺めるミラノの景色は一味違った情緒が感じられるはずです。
乗船は要予約。こちらからオンライン予約も可。(伊/英のみ)

ちなみにこの運河はその昔レオナルド・ダ・ヴィンチによって設計されたもので、この運河構築計画に関する資料をレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館で見ることもできます(地下鉄2番緑線、サンタンブロージョ駅下車)。
この他にも興味深い展示が数え切れないほどあるこちらの博物館ですが、大きな見所は何と言ってもエンリーコ・トーティ号という潜水艦。b0091227_225373.jpg1999年まで実際に使用されていた正真正銘の潜水艦。
特別入場券を館内で当日購入すると潜水艦内の入場見学もできます。ただし入場制限がありますので事前予約をお薦めします。あらかじめ電話での予約も可能なので確実に見学したいという方はこちらを参照して下さい。(伊のみ)


見逃しがちなミラノの観光スポットですが魅力いっぱいです。 
[PR]
by his-news | 2006-09-05 22:07 | MARI.K

イタリア料理に飽きたら和食!

ピッツァ、パスタ、リゾット、ジェラートなどなど。イタリアでは何を食べても本当に美味しいですよね!でも、オリーブオイルをたっぷり使ったイタリア料理を連日食べ続けると、慣れていない日本人旅行者の皆さんの胃腸はもたれてきます。旅も中盤になってくるとやっぱり恋しくなる日本の味。というわけで、ミラノにある日本食レストランをご紹介!!

b0091227_21131153.jpgまず、ミラノ在住の日本人なら誰もが知っている「大阪」 (Corso Garibaldi,68/地下鉄2番緑線モスコーヴァ駅下車)。一歩店内に入るとそこは正に日本!店内の窓からは日本庭園風の中庭が眺められ、とても明るくお洒落な内装。もちろん食事の方もとても美味しいです!お寿司、てんぷら、とんかつ、ラーメンをはじめ日本の味に飢えたミラノ在住の日本人の癒しの場となっているお店です。

2番目は「羆(ひぐま)」(Via Bordoni,12/地下鉄2番緑線ジョイア駅下車)。こちらも内装が非常に凝っていて素敵なお店です。こじんまりとした感じの温かな雰囲気が非常に落ち着けます。接客をして下さる方はいつも美しい和服姿。美味しいお料理と共に美味しい日本酒もいただけます。

b0091227_2131957.jpg3番目は「ぽぽろ屋」(Via Eustachi,17/地下鉄1番赤線リマ駅下車)。こちらは基本的にはお寿司屋さんです(他にも美味しい定食などもありますが)。このお店は上記の2店と違って、お客さんの大半がイタリア人です。従ってお寿司はイタリア人の好みに合わせて改良されているため、とにかくシャリがすごく大きい。でもお魚の鮮度は高く非常に美味しいです。そして、こちらのお店の一番のポイントは大将の人柄!本当に元気で明るくて、ここのお客さんのリピーター率はほぼ100%ではないかと思われるほど。小さなお店はいつも満員です。イタリアならではのお寿司を試してみたい方はぜひこちらへ。

他にもミラノには美味しい日本食のお店がいくつかあります。また、お味噌汁にれんげが入っているような、これは明らかに日本食ではない!という日本食レストランも多数存在しますが・・・。イタリア料理で胃が疲れたときは是非さっぱり日本料理で回復してあげて下さいね。
[PR]
by his-news | 2006-07-25 21:33 | MARI.K


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧