H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

カテゴリ:未分類( 2 )

ヴェネツィア周辺特派員募集!

募集職種:特派員 (ヴェネツィア周辺)

<<仕事内容>>
月1-2回のペースで各都市及び周辺の最新ニュースを執筆していただきます。

<<必要な経験・スキル>>
締め切り厳守できること。
観光客・在伊邦人を問わず、楽しんで購読してもらえる情報提供ができること。
このブログのバックナンバー記事をご参照下さい。

<<募集条件>>
1.記事1本につき10,00ユーロ(ひと月2本まで)
2.契約期間は1年間
3.選考方法は書類選考(日本語もしくはイタリア語の履歴書・職務経歴書、サンプル記事)

<<応募条件>>
・日本人もしくは日本語に堪能な日本国籍以外の方
・滞在許可証取得者
・イタリア国内に銀行口座(郵便口座も可)をお持ちの方
・Codice Fiscaleをお持ちの方
・メールでの書類のやり取りが可能な方

<<必要応募書類>>
1.日本語もしくはイタリア語の履歴書・職務経歴書
2.サンプル記事(500文字程度/テーマ自由/記事関連画像2枚添付)
採用時に下記の書類を郵送もしくはメール添付にて提出いただきます。
3.パスポートのコピー
4.滞在許可証のコピー
5.Codice Fiscaleのコピー

<<応募書類送付先>>
フィレンツェ支店人事担当者:水野宛 
メール件名には「特派員応募(名前)」と記入して下さい。
*電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
[PR]
by his-news | 2007-01-24 19:53

郷土料理の一品 カターニア編

シチリアはカジキマグロの料理も多いのですがイワシ料理も有名です。イワシを使った郷土料理を二点紹介!

まず一番有名なイワシパスタをご紹介!
b0091227_22224599.jpgぱっと見た感じは色味に華やかさがなくてちょっと戸惑ってしまいますが、だからといって特に魚臭いということはありません。

いわしパスタの作り方
まず玉ねぎ一個をみじん切りにしてオリーブ油で炒めそこに茹でて切ったフェンネルの葉を大量に、そして骨と頭を除いてきれいにしたイワシ300グラムと干しぶどうをもどしたもの、松の実を入れ炒めます。
魚に火が通ったら白ワインを少し入れアルコールを飛ばし、さらにトマトの缶詰を入れます
塩、コショウで味を調え少し煮ます。
パスタはソースの絡みやすいペンネやブカティーニ。茹で上がったらパスタにイワシのソースをからめて出来上がり!

いわしの下準備に少し手間はかかりますが、手間隙かけて作る料理はこの上なく美味しいです。
シチリア料理レストランに行くと必ず出てくる郷土料理の一品です(ただしシチリア内陸では魚料理は期待しないでください)。
ちなみにこのイワシパスタソースの既製品が缶詰になってスーパーでも購入できます。こうした缶詰を利用するときには、玉ねぎをオリーブ油で炒め、それから缶詰の中身を開けて少し煮るとぐんと美味しくなります。この缶詰はアレンジが可能なのでお土産にもお薦めです。

b0091227_2220425.jpgもう一品は簡単なイワシのマリネ。

イワシのマリネの作り方
生の片口イワシの頭と骨を取り除き、きれいに洗った後、みじん切りにしたニンニク少量、コショウ、お好みで唐辛子をかけます。
その上からレモン汁(もしくはレモン汁と酢を少しずつでも美味しい)をイワシがひたひたになるまでたっぷり搾りいれたあとオリーブ油をまわしかけます。
味がしみるように冷蔵庫にしばらく寝かせます。
*レモン汁でイワシが白くなりますが問題なし
いただく前にみじん切りパセリをかけるときれいです。


どちらもおいしいので是非チャレンジしてみてください。
[PR]
by his-news | 2006-09-06 22:26


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧