H.I.S.イタリア 特派員記事


イタリアの各地の特派員からの最新イタリア情報
by his-news
カテゴリ
全体
NANAE.N
MARI.K
YOKO.M
AKI.S
TAKAKO.N
YUMI.T
KASUMI.T
YUZO.M
AZUSA.T
未分類
H.I.S. ITALY
以前の記事
最新のトラックバック
truffle
from truffle
running boards
from running boards
lofts denver..
from lofts denver l..
rookies soph..
from rookies sophom..
tours in isl..
from tours in islan..

ローマのお勧めジェラート

日中の気温が20度を越すこの季節は、
イタリア人の大好きな季節「夏」に向けての準備期間が始まります。
肌がどれくらい黒いか(どれくらい日焼けしているか)が
夏の魅力度の物差しとなっているので、
ビーチに行く為にその前に日焼けサロンに通ったり、
天気の良い日は自宅のバルコニーで水着になり肌を焼いておく・・・
というのが夏に向けてのイタリア人の準備の一つです。
さて、イタリアで今年の夏、
思い出深い日々を体験しようと旅行の計画を立てている
みなさんの心+お腹の準備の為、
今回はイタリアの夏に欠かせないアイテム「ジェラート」の紹介となりました。

「ローマで一番おいしいジェラートが食べられるのはどこ?」
とローマっ子に聞く度に討論になり、
答えが出るまで優に1時間はかかってしまう程
老若男女を問わず、ここでは真剣に皆ジェラートが好きです。
特に夏バテの時は夕食代わりにジェラートを食べたりするので、
夏のジェラートの消費量はかなりのものになります。
ローマでおいしいジェラート屋は沢山ありますが、
その中で選りすぐりのジェラートを紹介させていただきます。

まずはジェラート屋老舗の「GIOLITTI(ジョリッティ)」。
約100年前牛乳屋から始め、おいしい牛乳で有名になり、
その後ジェラートも作り始めたそうです。
食材一つ一つにこだわり、
よりおいしいジェラートを作るため日々研究をしているというジェラート屋です。
GIOLITTIの中に入ってみると
他のジェラート屋とは違うのが一目瞭然で、
「ハイクラス」という言葉が良く似合います。
今回私が味見したジェラートは、
お店の人お薦めの「BISCOTTI(ビスコッティ);ビスケット」と
「CIOCCOLATO BIANCO(チョコラート ビアンコ);ホワイトチョコレート」
という二つの味でした。
b0091227_19422875.jpg





どこのジェラートを食べても
まず一口目は大体美味しいと感じられるのですが、
半分も食べ終わる頃には
どのジェラートの味もあまり変わらないように感じてきて飽きてしまいます。
というのも新鮮な素材を使わず、
「○○味になる粉」を使って色や風味を出しているジェラート屋が多い為です。
でもここのジェラートはコーンの中に入り込んだ
最後のジェラートまでおいしく食べられました。
場所はパンテオンの近くで住所は
Via Uffici del Vicario 40です。

2件目は「DELLA PALMA(デッラ パルマ)」
というジェラート屋で、ここもパンテオンの近くにあります。
住所は
Via della Maddalena, 20/23です。
ここのお勧めジェラートは「ムースのジェラート」です。
b0091227_19435785.jpg

ジェラート自体がとってもフワフワしている為、
通常のジェラートのようにコーンに乗せられずカップで食べるのが特徴です。
お勧めは「MILLEFOGLIE(ミッレフォリエ);ミルフェィーユ」味のムースです。
パイ生地も小さく刻まれてムースジェラートの中に入っているという
おもしろいジェラートです。
普通のジェラートに飽きた方は是非お試しください。
やみつきになるかもしれません!

最後に紹介するのはH.I.S.お馴染みの
「BARCACCIA(バルカッチャ)」です。
スペイン広場の目の前に位置しているこのバールは、
ローマ観光で疲れた時に
スペイン広場を見ながら一休みできるという贅沢なお店です。
バルカッチャのスタッフお勧めのジェラートを二種類選んでもらいました。
b0091227_19451332.jpg

一つ目は「MALAGA(マラガ)」というジェラートで
クリームと葡萄のリキュール、そしてほしぶどうが入っているジェラートです。
葡萄のリキュールの味と、コクのあるクリームが
絶妙にマッチしていて大人のジェラートと言えるかもしれません。
もう一つのお勧めは「YOGURT FRUTTI DI BOSCO
(ヨーグルトゥ フルッティ ディ ボスコ);ヨーグルト森の果実味」というジェラート。
ヨーグルト味の為他のジェラートよりも甘さが控えてあります。
あっさりしたジェラートを食べたい時、
又はカロリーが気になる方にはもってこいと言えるでしょう。

ここで重要なジェラートの買い方ですが、
まずはどの大きさのジェラートにするか
そしてコーンにするか又はカップにするかを決めます。
(一番小さいサイズでローマでの相場は2~2.2ユーロです。)
一番小さいコーンのジェラートを食べたい場合は
「ジェラート コーノ ピッコロ」と言って先に会計を済ませ、
レシートをジェラートを盛っている店員に渡します。
大体のお店では一番小さいサイズで2種類まで味が選べ、
お好みで上にホイップクリームをトッピングサービスしてくれます。
(お店によっては別料金になるので要注意!)

今回紹介させていただいたジェラートは
ローマで味わえる美味しいジェラートのほんの一部です。
これからジェラートのおいしい季節となります。
「郷に入っては郷に従え」という諺が全くそのままイタリア語にもあり、
翻訳は「ローマに行ったら、ローマ人のように行動せよ」です。
みなさんにもそのままお勧めさせていただきます。
「ローマに行ったら、ローマ人のようにジェラートを食せよ」
[PR]
by his-news | 2006-05-08 19:47 | KASUMI.T
<< フィレンツェのおいしいジェラート バルベリーノアウトレット >>


タグ
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧